iPhone SE(第3世代)の画面割れ修理の方法・費用・修理風景

2023年1月23日

今回は2022年に発売された人気モデル、iPhone SE3の画面割れの修理についてご紹介いたします。

スマホ修理王では、データそのまま最短30分でiPhone SE3の画面修理が可能です。
ご依頼は来店・郵送どちらでも可能です。お電話やメールにて修理のご相談・無料お見積りも対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。詳しい修理価格等はiPhone修理のご案内ページをご覧ください。

 
スマホ修理王_店舗一覧
 

※目次のタイトルをクリックすると、読みたい記事まで飛ぶことができます。

iPhone SE(第3世代)のスペック

名称:iPhone SE(第3世代)
CPU:Apple A15 Bionic
画面サイズ:4.7インチ
高さ×幅×厚さ:138.4×67.3×7.3mm
ディスプレイ:Retina HDディスプレイ(LCD)
アウトカメラ:広角(1200万画素 f/1.8)
インカメラ:700万画素
重さ:144g
認証機能:指紋認証

iPhone SE(第3世代)は、人気だった前世代モデルのiPhone SE(第2世代)から、さらに性能がアップしました。大きな違いとしては「5G通信への対応」「搭載チップの変更(【A13 Bionic】から【A15 Bionic】へ)」があります。
SEの後続来機を待ち望んでいたユーザーの中には「コスパが良い」よりも本体のサイズ感、形状が好きで使用されていた方も少なくないのではと思います、そんなユーザーの期待に応える形状の端末となっております。

iPhone SE3の画面割れの危険性

iPhone SE3の画面割れは、主に以下4つの危険性があります。

  • 手指のケガ
  • ひび割れの拡大
  • ゴーストタッチの発生
  • 起動不可になる恐れ

手指のケガ

ひび割れた画面をタップ、スワイプすることで、指先を怪我する恐れがあります。

どうしてもすぐに修理できない場合には、新しいフィルムを貼るなどの応急処置をして怪我を防止しましょう。

ひび割れの拡大

画面のひび割れは、そのまま使い続けることで広がる可能性があります。

広がったひび割れの隙間から水分や粉塵が侵入することで、別の故障が発生する可能性がありますので、早急な修理が必要です。

ゴーストタッチの発生

上記の通り、ガラスのひび割れを放置すると、内部に異物が入り込む恐れがあります。

これにより、画面部品の破損が悪化し、画面が勝手に動く「ゴーストタッチ」の症状が発生する可能性があります。ゴーストタッチが発生すると、パスワードが誤入力され続け、最終的にデータの初期化を余儀なくされる場合があります。

ゴーストタッチが発生した場合には、電源を入れずに、すぐに修理に出しましょう。

起動不可になる恐れ

内部に異物が入り込むことで、電子基板がショートしてしまうことも。

電子基板がショートすると、最悪の場合、まったく電源がつかない状態になってしまう可能性もあります。

以上のように、画面割れを放置することは大変危険です。

なるべく早めに修理することで、さらなる故障を防ぐことができます。

参考:iPhoneの画面が割れたまま使う4つのリスクを解説!修理先も紹介

iPhone SE3の画面修理の方法・費用

自分で修理

iPhoneはセルフ修理キットが多く市販されているため、個人で修理するかたもいらっしゃいます。

しかしながら、正規修理店や総務省登録修理業者である第三者修理店ではない個人で分解・修理することで、技適マークが外れてしまいます。技適マークが外れたiPhoneを使用し、違法な電波が発せられたことが判明した場合、電波法違反になってしまう恐れがあります。

そのため、自分で画面修理をすることはおすすめできません。

■関連記事:iPhoneの画面修理を自分でするのは違法?リスクはある?

正規修理店で修理する場合のメリット・デメリット・費用

アップル公式や、家電量販店に併設されていることが多い正規サービスプロバイダ、大手キャリアショップなどで、修理の依頼が可能です。

アップル公式や正規サービスプロバイダ、修理コーナー併設のキャリアショップでは、公式の保証を利用して即日修理対応してもらえることもありますが、基本的に予約が必須です。
また、破損状況によっては本体交換となり時間や費用がかかることも。加えて、事前に本体の初期化が必要な場合やデータが消えて戻ってくる恐れがあることがデメリットです。

AppleCare+に加入しており、対象となる故障である場合のiPhone SE(第3世代)の画面修理費用は3,700円ですが、未加入である場合は19,400円です。

※2023年1月時点の情報です。

■参考:iPhone の画面の修理 – Apple サポート (日本)

第三者修理店で修理する場合のメリット・デメリット・費用

我々スマホ修理王など、正規修理店にはないメリットがある第三者修理店での修理もおすすめです。

第三者修理店での修理では、「公式保証の利用不可」「修理後、公式サポート対象外となる可能性」といったデメリットがあります。
しかしながら、「予約不要」「データが消えない」「受付から最短30分で受け取り可能」といったメリットがあるため、正規修理店での修理が難しい方にはおすすめです。

スマホ修理王では、iPhone SE(第3世代)の画面修理を6,800円から承っております。

※2023年1月時点の情報です。
※修理費用は画面の破損状況やパネルのグレードにより異なります。

iPhone SE3の画面修理風景

では、今回ご依頼いただいたお客様のiPhone SE3の画面割れを実際に修理した様子をご覧ください。

修理前の状態

今回ご依頼いただいたiPhone SE3は、表面のガラスが割れているだけでなく、内部液晶にも異常が生じていました。

「虹色の縦線が映る」「画面表示が黒く滲む」といった症状が出ている場合には、液晶が破損している状態ですが、そんな状態でも画面の交換で直ることがほとんどです。

修理中

新しい画面を取り付けるべく、壊れた画面を取り外します。

iPhoneの分解は、慣れていれば数分とかからずできる作業ですが、経験がない方だと分解時にケーブルを切ってしまうなどのリスクがありますので、iPhoneの修理は、実績のあるプロに任せるのが安心です。

修理後の状態

「新しい画面を仮付けして動作確認」⇒「古い接着シールの除去と新しい接着シールの貼り付け」⇒「組み立てて再度動作確認」といった作業を経て、修理完了です。

データが消えずに綺麗な画面に戻ったことで、お客様に大変ご満足いただけました。

画面保護の方法

  • ケースをつける
  • ガラスフィルムを貼る
  • ガラスコーティングをする

ケースをつける

iPhone SE3はワイヤレス充電にも対応するため、背面がガラス製になっています。そのため、画面側も背面側もガラス割れの危険性があるため、ケースをつけることをおすすめします。

手帳型のケースであれば、両面とも破損リスクを軽減できますが、充電時や暑い環境下での発熱には気をつけましょう。

ガラスフィルムを貼る

iPhoneのフィルムにはいくつか種類がありますが、指紋防止フィルムや反射防止フィルムなどは、画面割れを防止する効果はほとんどありません。

画面割れを保護したい場合は、画面保護に特化したガラス製のフィルムを貼りましょう。

ガラスコーティングをする

「ガラスフィルムがうまく貼れない」
「フィルムだと空気や汚れが入って浮いてきてしまう」

そんな時は、ガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティングは、ガラスフィルムと同じ「9H」と呼ばれる硬度で、傷や割れから画面を保護し、汚れづらくもなるため、きれいに使い続けることができます。

iPhone SE3の画面修理はスマホ修理王へ

データそのまま最短30分

スマホ修理王では、iPhoneの画面修理も、データそのまま最短30分で対応可能です。

突然の故障にも対応できるよう、豊富に在庫を確保しております。「唯一の連絡手段であるiPhoneが壊れて、事前予約ができない…」そんな時も、お気軽にお立ち寄りください。

※状況により、部品のお取り寄せが必要な場合がございます。部品のお取り寄せは最短1~2日程度でご対応しております。

全国20店舗以上展開中

スマホ修理王は、東京、名古屋、大阪、福岡を中心に、全国に店舗を展開しています。

駅から徒歩5分圏内の場所で営業しているお店も多数あります。

 
スマホ修理王_店舗一覧
 

郵送修理にも対応

お店が近くにない場合や来店が難しい場合には、郵送修理をご利用ください。

詳しい依頼方法は郵送修理の流れをご確認ください。

お電話またはメールにて無料お見積り

まずはお気軽にお電話またはメールにて、ご相談ください。

機種名と症状をお伝えいただければ、無料で修理にかかる費用や時間、部品の在庫状況等をご案内いたします。

機種ジャンル
機種名
症状
修理箇所
修理店舗
所在地
〒5430055大阪府大阪市天王寺区悲田院町10−39 天王寺ミオ本館 8階 UNiCASE内
電話番号
営業時間
11:00~20:00
定休日
年中無休(天王寺ミオ休館日に準ずる)
他の店舗を探す
iPhone SE (第3世代) の価格表
修理内容 料金(税込)
画面(軽度) ¥ 6,800 〜
画面(重度) ¥ 8,800 〜
バッテリー -
充電コネクタ -
各種ボタン(電源・音量・マナーモード) -
リアカメラ ¥ 5,800
リアカメラレンズ -
フロントカメラ/近接センサー ¥ 6,800
スピーカー -
マイク -
水没 ¥ 9,800
システム修復 ¥ 14,800
リアパネル -
SIMカード取出 -
外装の交換 -

iPhone SE (第3世代)についてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

iPhone についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として3,800~5,800円かかります。

◆保証期間について(部品の初期不良保証)
 一部の画面修理は、3ヶ月保証です。
 その他の部品交換修理は、1ヶ月保証です。 
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆画面【軽度】とは、「軽くガラスが割れている程度で、全体的に問題なくタッチ操作ができ、液晶に異常(にじみ、変色、タテ筋など)も見られない状態」を指します。

◆画面【重度】とは、「重度のガラス破損、液晶の異常(にじみ、変色、タテ筋などがある状態)、タッチ操作ができない、タッチ切れしている状態」を指します。

◆画面は機種により「高品質パネル」もご用意しています。詳しくは店舗へお問い合わせ下さい。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。

◆指紋認証機能(Touch ID)が搭載されている機種について、ホームボタンを交換した場合は、指紋認証が使えなくなります。

◆顔認証機能(Face ID)が搭載されている機種について、フロントカメラ・近接センサーを交換した場合は、顔認証が使えなくなります。

◆イヤースピーカーの故障の原因が、近接センサーの場合は近接センサーの料金を適用し、イヤースピーカーの場合はスピーカー料金を適用します。

◆価格表に掲載しているのは、一部機種になります。モデルの選択に無い機種は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ