switch ブルースクリーン

Switchが青い画面になるブルースクリーンの原因と郵送修理の体験談

2020年5月23日

最終更新日:2022年7月27日

スイッチで最も深刻な故障であるブルースクリーン。突如として青い画面が表示され動かなくなるので、不安な気持ちで修理のご相談をされる方も多くいらっしゃいます。そんなブルースクリーンは修理することで改善することがありますが、ブルースクリーンの原因や修理方法を正しく把握して、注意点をご理解いただいたうえで修理することをお勧めしております。この記事では、実際にスマホ修理王に、スイッチのブルースクリーンの修理をご依頼いただいたお客様の体験談をもとに、原因と修理方法についてご紹介していきます。

スマホ修理王では、Nintendo Switchのブルースクリーンの修理もデータそのまま修理が可能です。
ご依頼は来店・郵送どちらでも可能です。事前にお電話やメールでもご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

目次
■スイッチが青い画面になって動かなくなった
■Switchのブルースクリーンの原因
■Switchのブルースクリーンの対処法・直し方
■青い画面になったSwitchの修理方法
■Switchのブルースクリーン修理ならスマホ修理王へ

※この記事は、実際にいただいたお客様の声をもとにスマホ修理王が作成しております。

スイッチが青い画面になって動かなくなった

switch ブルースクリーン

私事でお恥ずかしい話ですが、先日、任天堂Switchを階段の上から落としてしまいまして、画面が真っ青になってうんともすんとも言わない状態になってしまいました…。

新しいSwitchを買おうにも品薄状態でどこにも売ってないし、なんとかしてデータもそのままの状態で使いたいので、修理に出してみることにしました。

この記事では、修理する際にスマホ修理王のスタッフさんに伺ったブルースクリーンの原因についてや、郵送修理の体験談を、レビューとともにご紹介したいと思います。

Switchのブルースクリーンの原因

前項で見ていただいたとおり、悲しいことに、画面の隅から隅まで、全部が真っ青になってしまっています。

この状態をブルースクリーンというらしいです。そのまんまですね。
Switchのブルースクリーンは、落下などの衝撃や本体がゆがむことで内部の基板に取り付けられているCPUやメモリなどの部品が、基板からはがれてしまうことで正常に起動できなくなることで発生するそうです。

落下等の衝撃

とりあえず、すぐにゲームがしたかった私は、「どうにかしてすぐにでも直せないか」と、ネット検索で調べてみましたが、厄介なことにこの症状は基板と呼ばれるすべての動作を司っている部分が故障しているらしく、なおすには修理するほかないということがわかりました。

私の場合は、階段から落としたことで内部の基板に深刻なダメージがいったことで、青い画面になってしまったようです。

さらに詳しく修理王さんに聞いてみたところ、落下の衝撃で内部の基板に取り付けられているCPU、メモリといった部品が基板から剥がれてしまい正常に動かなくなってしまうのだそう。

本体の歪曲

Switch本体が曲がることで、内部の電子基板も曲がり、前述のCPUやメモリといった部品が剥がれたりその他の箇所に負荷がかかったりすることで、青い画面になることがあるんだそうです。

テレビに映してプレイすることができるだけでなく、手持ちでもプレイできるのがSwitchの醍醐味。しかしながら、手持ちで長時間力を入れてプレイし続けることで、熱を持って変形しやすくなった本体が徐々に歪んできてしまうことがしばしば。

Switchのブルースクリーンの対処法・直し方

強制終了

一時的なブルースクリーンであれば、強制終了を行うことで復旧することがあります。以下の要領で強制的に動作を終了しSwitchを再起動することができます。

電源ボタンを12秒以上押しっぱなしにする

電源ボタンを押下

修理に出す

自分でできる直し方は強制終了しかないため、強制終了しても改善が見られない場合には、修理に出すしかありません。

ブラウン管テレビよろしく下手に本体をたたいたり、振ったりすることで症状が悪化する恐れもあるので、青い画面になったらできるだけなにもせず修理を依頼するのが賢明です。

青い画面になったSwitchの修理方法

任天堂公式修理

任天堂公式でもブルースクリーンの修理を受け付けています。

任天堂では配送でのみ修理を受け付けています。

注意点としてメーカーの任天堂に修理に出すと、基板交換になり、本体に保存されているデータは消えてしまうそうです…。

というわけで、データを残したまま修理してもらえるところを探してみることに。

民間の修理店

民間の修理店でもSwitch修理をやってもらえるところがありました。

民間修理店のメリットデメリットは以下の通り。

★民間店でバッテリー交換をするデメリット
・公式修理ではないため、修理後公式サポートが受けられなくなる可能性がある
・Switchの公式保証は使えない
★民間店でバッテリー交換をするメリット
・データそのまま修理が可能
・比較的修理時間が短い
・事前に見積もりや相談ができるので安心
・予約不要で来店で修理依頼可能

実際にブルースクリーン修理を郵送で依頼してみた

スイッチ郵送修理

修理の依頼をするのは初めてなので、とても不安です。
できるだけ実績のある修理店に頼みたいと思い、色々調べてみました。

どこで修理するのか

私の絶対条件は、データを残したまま修理ができること。
まずこの時点で、メーカーの任天堂で修理するという選択肢は消え去りました。

そして、その後もネット検索を続け、
でてきたのが、「スマホ修理王」という修理店でした。

→「スマホ修理王トップページ」

”スマホ”修理とありますが、任天堂スイッチにも対応しているようで、
このページの一番上の写真にも、しっかりとSwitchが載っています。

しかも、大きな文字で“データはそのまま”とあります。

修理料金ページもあり、”ブルースクリーン”という項目もありました。
→「スマホ修理王のNintendo Switch修理料金ページ」

項目があるということは、同じ症状での修理実績があるということですよね。

ホームページ自体もしっかりしているし、
トップページにも“総務省登録修理業者”とあるように、
ここなら安心して修理に出せそうです。

ということで、まずはこちらのお店に問い合わせをしてみることにしました。

実際に問い合わせをしてみた

スマホ修理王の問い合わせページには、電話とメールの2種類が選択できました。
※後述しますが、郵送修理の場合、簡単に説明できそうな症状であればメールのほうがスムーズかと思います。

→スマホ修理王「問い合わせページ」

電話で問い合わせ

ホームページの料金と相違がないか、また修理期間はどれくらいかかるのかを確認するために、
まずは電話で問い合わせをしてみることにしました。

出たのは、感じの良いお兄さん

(修理などの専門技術のお店にいる人って、変な人のイメージがありましたが、全然普通のしっかりした方でした。改めます。笑)

Nintendo Switchの故障状況を伝えると、やはり基板が故障しているとのことで、
料金と時間をすぐに伝えていただきました。

電話の待ち時間もなく、素早い対応でとても助かりました!

郵送修理をしたいと伝えると、
“同意書”が必要なので、同じ内容でメール問い合わせをしてください、とのこと。

文章を書くのが苦手な私は、“メールは嫌だなぁ…”と思いつつも、問い合わせページを開いてみることに。

メールで問い合わせ

いざメールフォームの問い合わせページを開いてみると、
機種を選択して、連絡先を入力するだけで問い合わせができました!

思ったよりも簡単で、1分程度でできました。

こちらがその問い合わせページです。
→「スマホ修理王の問い合わせページ」

問い合わせをしてから数分後
お見積りと、郵送修理の手順を詳しく書かれたメールが返ってきました。

メールの対応も素早くてとてもありがたいですね、高評価です。

また、このメールには、郵送修理に必要な“同意書”も添付されていました。

※メールには、お見積り・郵送手順・同意書が、すべて揃っているので、
 スマホ修理王で郵送修理を考えている方は、初めからメール問い合わせをした方が早いかもしれません。

メールの手順がとてもわかりやすかったので、それに従って発送準備を進めていきました。

早速、発送してみた

発送業者や発送方法に決まりはないらしく、
私はいつも使っているクロネコヤマトの宅急便をつかいました。
参考までに、私の場合の発送方法も紹介しておきますね。

※こちらにスマホ修理王公式の発送手順のページも見つけました。
スマホ修理王「郵送修理サービス」の使い方

ステップ1.同意書への書き込み

まずは、メールに添付されていた「郵送修理・点検依頼書 兼 同意書」をダウンロードしてプリントします。
※プリンターが家にない方はコンビニからでもプリントできますよ。

プリントアウトした同意書に、連絡先症状などを書いていきます。

同意書は、記入見本があったり、選択するだけでよい項目が多かったので、
3分程度で書き終わりました。

ステップ2.緩衝材で梱包

次に、Nintendo Switch本体を、緩衝材で包んでいきます。

いくら階段から落としたとはいえ、もうこれ以上衝撃を与えたくないので、
緩衝材はをたくさん使い、厳重に保護しました。

緩衝材は自分で用意しなければなりませんが、
プチプチは100円均一ショップに売ってるし、
チラシや新聞紙をくしゃくしゃにして、緩衝材にしても大丈夫らしいです。

ステップ3.箱詰めして発送

スマホ修理王に郵送するときは、箱に指定はありませんでした。
※但し、購入時の箱を送るのはNGです。箱は返却されない可能性があります。

捨てられてもいい箱に入れるようにしましょう。

先程の緩衝材で包んだNintendo Switchを箱詰めします。
※箱内に隙間がある場合は、さらに緩衝材を追加し、隙間を埋めていきます。

ちなみに、クロネコヤマトには、宅急便コンパクトという小さめの荷物専用のダンボール箱があるので、
それを使えば、緩衝材も少なくて済むし、送料も安いです。
隙間ができて中身が動いてしまうということもないと思います。

 

…と、ここで箱をガムテープで頑丈に閉じたところで、問題発生。

「同意書」を入れ忘れてしまいました…(泣)

まあ、送る前に気がついたのでよかったということにします←
もう一度開封し、今度はちゃんと「同意書」も一緒に梱包しました。

住所は、サイトにも載っていた3箇所の修理センターから選択できます。

私は関西に住んでいるので、大阪の「西日本郵送修理センター」に送ることにしました。
東京・名古屋・大阪の3箇所から選べるので、近くを選べ配送時間も短縮できそうですね。

私のSwitchが返ってくるまで

発送して4日後、スマホ修理王からメールが来ました。

タイトルは「修理完了のお知らせ」

ワクワクしてメールを開いてみると、“無事私のSwitchが直った”とのこと!
しかも、その日に発送してもらえるということで、明日到着予定!早い!
(連絡が来た時間帯が早かったので、ラッキーだったのかも知れません。)

スイッチブルースクリーン修理風景

上記のような修理風景の写真も特別に見せていただきました。

発送してから合計5日でSwitchが返ってきました。

最初は1週間程度と聞いていたので、思ったより早くて感激しました。

Switch本体も、このように、無事復活していました。

Switch_ブルースクリーン_修理後

これでまた、マイクラができます(嬉泣)

まさか、私のSwitchがこんな風に壊れるとは思っていなかったので、
手元に戻ってきてすぐに、Nintendo Onlineアカウントを作ってセーブデータを保存しました。(有料です。)

任天堂スイッチは、ソフトではなく本体にデータが残っているので、
この方法でないと、本体が壊れてしまったときにデータが取り出せなくなってしまいます(泣)

こまめにデータを保存しておくことが大切だな、と今回の事件で思い知らされました。

 

ちなみに、こちらが任天堂公式のセーブデータお預かりサービスの利用方法です。
→「Nintendo Switch Online サポート」

みなさんも、壊れる前に、こちらでセーブデータを保存しておくことをオススメします。

そして、もしも、壊れてしまったときは、
Nintendo公式よりも断然「スマホ修理王」がオススメですね!

データも残るし、修理期間も短いので、気になる方は問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

Switchのブルースクリーン修理ならスマホ修理王へ

今回は、ブルースクリーンになった任天堂スイッチの修理体験談をご紹介させていただきました。

まずいちばん驚いたのは、
任天堂に修理に出すとデータが消えてしまうということですね。公式なのに…

そして、私が見つけたのが「スマホ修理王」という修理店です。

スマホ修理王では、データを残したまま修理してもらえます。
修理期間も短くて、対応も丁寧なので、安心して修理に出すことができました!

実際に修理に出す際も、手順が簡単なのでとてもわかりやすかったです。

みなさんも、何か機器の故障があれば「スマホ修理王」無料見積りを試してみるだけ損は無いと思います。

Nintendo Switch以外にも、スマホタブレットの修理もやっているそうなので、
もし何かあれば、またこちらにお願いしてみようかなと思います。

ご閲覧いただき、ありがとうございました。

※この記事は、実際にいただいたお客様の声をもとにスマホ修理王が作成しております。
お問い合わせ・お見積りは無料でお伺いしております。以下より、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

修理に関するご相談やお見積もりはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
問い合わせ方法は電話とメールの2種類から選べます。

あわせて読みたい

郵送修理の方法は、こちらにも詳しく掲載しておりますので是非ご活用ください。

→「Nintendo Switch(任天堂スイッチ)郵送修理サービスのご利用方法」

 

他の症状につきましても、以下のブログで詳しく解説しております。

→「充電ができないNintendo Switch(任天堂スイッチ)の郵送修理を実際に依頼してみた」

→「任天堂スイッチ(Nintendo Switch)のゲームカードが読み込めなくなったので郵送で修理に出してみた」

機種ジャンル
症状
修理箇所
Nintendo Switch の価格表
修理内容 料金(税込)
タッチスクリーン割れ ¥ 8,800
画面(液晶) ¥ 9,800
本体バッテリー交換 ¥ 7,800
充電コネクタ ¥ 12,800
スピーカー ¥ 6,800
ゲームスロット交換 (ゲーム読み込み不良) ¥ 10,800
SDカードスロット交換 ¥ 6,800
発熱による動作不良 ¥ 7,800
joycon(ジョイコン) ¥ 2,200
基板修理 ¥ 21,800
水没 ¥ 9,800
ブルースクリーン(軽度) ¥ 17,800
ブルースクリーン(重度) ¥ 29,800
エラーコード解除 ¥ 21,800

Nintendo Switchについてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

Nintendo Switch についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として3,800円かかります。(ジョイコンは2,200円
基板修理の結果、「修理不可」となった場合、基板修理作業料として5,800円かかります。

◆パーツの初期不良について、保証期間は1ヶ月間です。
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。(ジョイコン、プロコンを除く)

◆Nintendo Switchのスピーカー交換は左右2個セットの価格です。                                                                            
 

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ