iPhoneの画面浮きの原因は?直し方はバッテリー交換修理?

2020年8月3日

スマホ修理王は満足度三冠達成!

最終更新日:2021/06/05

本日は画面が浮いた状態で落として画面がひび割れてしまった iPhone X(アイフォンテン)の修理依頼がありました。

iPhoneの画面が浮く理由のほとんどはバッテリー膨張によるものです。

バッテリーと画面を交換することでしっかり画面が閉じるようになりました。

修理は、動作確認も含めて1時間程度で完了いたしました。

今回は実際の修理事例をもとに、iPhoneの画面浮きの原因と予防策について解説していきます。

〇この記事でわかること
・iPhoneの画面浮きの原因は?
・iPhoneの画面浮きを放置するとどうなる?
・対処方法は?テープや接着剤でとめていい?
・実際の事例|iPhone X
・iPhoneのバッテリー膨張を防ぐには
・定期的にバッテリーの状態を確認しましょう
・iPhoneの画面浮き修理ならスマホ修理王へ

>>iPhoneシリーズの修理価格表はこちら

iPhoneの画面浮きの原因は?

内部のシールやフレームの劣化

iPhone 6s以降のシリーズは防水機能を搭載しています。

この防水機能の一部は、画面とフレームの間に貼られているシールで保持されているのですが、iPhoneを長期間使用することで、このシールは経年劣化していきます。

加えて、長期使用や日常使用の中で避けられない落下などの衝撃や高温環境での使用により、フレームそのものも劣化・歪曲(変形)してしまいます。

上記の要因から、画面とフレームに隙間が生じ浮きが発生することがあります。

バッテリー膨張

iPhoneの画面が浮いてくる原因としてもっとも多いのが「バッテリーの膨張」です。

iPhoneやそのほかのスマートフォンやタブレットには、「リチウムイオン電池(リチウムイオンバッテリー)」が使用されています。

このリチウムイオン電池は小型化しやすく、繰り返し充電できるという大きなメリットがある一方で、劣化するとガスがたまり膨らむことがあるというデメリットもあります。

膨張したバッテリーは、驚くことに画面のパネルを押し上げるほどの力をもっています。

また、バッテリーが膨らんでくるのは往々にして1~2年ほど使用してからですので、前述した内部のシールやフレームの劣化・変形もあいまって、画面がより浮きやすくなってしまうのです。

iPhoneの画面浮きを放置するとどうなる?

画面が割れる

バッテリーの膨張により押し上げられた画面は、非常に割れやすい状態です。

後述の実際の修理事例でもご紹介しておりますが、画面が浮いている状態だと浮いていない状態では割れないような衝撃でも割れてしまう可能性があります。

表示や機能に不具合が出る

画面が押し上げられることで、画面の一部ににじみが生じることがあります。

また画面が押し上げられるのと同時に、内部のケーブルも押し上げられコネクタが抜け、一部の機種ではホームボタンが利かない、タッチが利かないなどの不具合が出る可能性もあります。

例えば、iPhone X以降のシリーズにはFace iD(顔認証)の機能が搭載されています。

このFace iDのパーツは画面の上部に取り付けられ、じゃばら折になってフレーム側の基板まで這っています。

バッテリー膨張により浮いた画面を戻そうと無理に押さえつけると、この折りたたまれたケーブルが繰り返し伸縮します。

この伸縮によりケーブルが金属疲労で断線してしまい、最終的に顔認証が使えなくなってしまうことも。

Face iDは修理が困難な機能であるため、画面がペコペコして浮き出していることに気が付いたら無理に押さえつけることはせず、断線してしまう前に修理に出すことをおすすめいたします。

水没などにより起動しなくなる恐れがある

画面とフレームの間に隙間があるということは、防水防塵機能が一切機能しない状態ということです。

その間からほこりなどの粉じんや水分が入り込むことで内部基板の一部がショートし、起動しなくなってしまうことも…。

発火する恐れがある

バッテリーを膨らませているガスは、可燃性のガスです。

もちろん、製造メーカーにより膨張しても発火や爆発が起こらないような工夫がされているものの、日常使用による予期せぬ衝撃などによりガスが漏れだし、引火する恐れがあります。

対処方法は?テープや接着剤でとめていい?

バッテリー膨張が原因で画面が浮いている場合、どのように対処するのが良いのでしょうか。

スマホ修理王にご依頼されるお客様の中には、応急処置としてテープや接着剤でとめている方がいらっしゃいます。

これはできればやめたほうがよい対処方法です。

接着剤をつける際内部に流れ込み、画面や内部基板を傷つけ映らなくなったり起動しなくなったりする恐れがあります。

テープをつける場合でも、画面とフレームをくっつけようと押さえつけることで画面がにじんだり割れたりしてしまう可能性があります。

もっとも安心なのは修理に出すことですが、どうしても一時的にほこりなどが入り込むのを防ぎたい場合には、テープで軽くとめるだけにしましょう。

実際の事例|iPhone X

では、実際にバッテリー膨張により画面が浮いたiPhone Xの修理事例をご覧ください。

修理前の状態確認

画面が大きく歪曲しています。

ご依頼いただいたお客様によれば、画面が浮いている状態でしばらく放置していたが不意に落として画面が割れてしまったため、修理を依頼するに至ったそうです。

画面が浮き、さらに割れている状態では「タッチできない」「画面が映らない」といった症状を併発する可能性もあるため、一刻も早く修理が必要です。

分解

膨張したバッテリーを取り外していきます。

画面を外して横から見てみると、バッテリーの膨らみ具合がよくわかります。

iPhoneの場合バッテリーが膨らむことで画面側が浮いてきますが、XperiaやGalaxyなど一部の機種の場合、背面のパネルが浮いてくることもあります。

いずれにしても危険な状態ですので、スマホの画面や背面のパネルに隙間ができていたら一刻も早くご相談ください。

交換・点検

画面とバッテリーを仮付けして正常に起動や充電、タッチができるか確認します。

修理完了

動作に問題が無かったので組み立てて修理完了です。

画面がしっかり閉じるようになりました。

ガラスフィルム

今回はガラスフィルムも一緒にご注文いただきました。

当店では修理と一緒にガラスフィルムもご注文いただくと通常よりお安くなりますので、ぜひご一緒にご利用ください。

今回、修理をご対応したのはスマホ修理王 名古屋栄店です。

iPhoneのバッテリー膨張および画面交換は最短30分から承っております。

★店舗情報
スマホ修理王 名古屋栄店
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3丁目23−18
ニューサカエ3番街 ニューサカエビル 地下2階
営業時間:10:00~19:00
TEL:052-253-8348

修理後の端末は、お客様へのお返しの前に、電子部品専用のアルコール洗浄液を使用して、殺菌消毒を行っております。

コロナウイルスへの対策取り組みは以下のページより

スマホ修理王 コロナウイルス感染対策への取り組み

iPhoneのバッテリー膨張を防ぐには

最後に、iPhoneのバッテリーが膨張するのを予防するために日頃から行えることについて解説いたします。

充電しながら使わない

バッテリーの劣化を防ぐのに、もっとも気をつけたいのが「発熱」です。

リチウムイオン電池の推奨使用環境は0°~35°といわれています。

充電しながら負荷のかかるアプリを使用することで、本体が発熱しバッテリーの劣化を早めてしまいます。

ケースをつけたまま充電しない

ケースをつけたまま充電することで熱がこもり、バッテリーの劣化を早めてしまいます。

できれば、充電する際にはケースを外して充電しましょう。

純正・高品質なACアダプタ/ケーブルを使用する

iPhoneの充電に使用するライトニングケーブルはApple以外にも、さまざまな会社から発売されています。

しかしながら中には品質が良くなく、バッテリーに負荷をかけて劣化を早めてしまうような製品も存在します。

Appleでは、サードパーティ製(他社製)の互換品の品質を保証するための認証制度「MFi認証」という制度を設けています。

MFi認証に登録されている製品には必ずMFiロゴがついているので、ライトニングケーブルを購入する際には確認のうえ購入しましょう。MFiロゴがついていない製品では、iPhoneのシステムアップデートにより使用できなくなってしまうこともあります。

定期的にバッテリーの状態を確認しましょう

iPhoneは「設定⇒バッテリー⇒バッテリーの状態」から現在のバッテリーの最大容量が確認できます。

バッテリーの状態の横に「サービス」表示があったり、最大容量が90%を下回っていたりすると、劣化により充電の減りが早く感じてくるころです。

バッテリーが膨らんでいなくても、減りが早いと感じているようであれば交換を検討しても良いでしょう。

iPhoneの画面浮き修理ならスマホ修理王へ

店舗情報

唯一の連絡手段であるスマホが壊れたから、予約できない…。
バックアップも取っていないからデータは消さないで修理してほしい…。

そんなときはお近くのスマホ修理王店舗へお立ち寄りください。
スマホ修理王は全国12店舗のほか、提携店もございます。

店舗一覧

修理可能機種・メーカー

スマホ修理王ではiPhoneはもちろん、多くの機種の修理にご対応しております。

iPad、Xperia、Galaxy、HUAWEI、ASUS(Zenfone・ROG Phone・ZenPad)
Google Pixelシリーズ、OPPO、Xiaomi、LG
arrows、AQUOS

そのほかSurface、Nintendo Switchなどの修理も承っております。

★対応機種一覧

修理実績

スマホ修理王では画面浮きの修理以外にも、様々な故障の修理に対応しております。
どんな症状でも、まずはお気軽にご相談してください。

・カメラが映らない/ぶれつづける
・電源ボタン・ボリュームボタンが押せない(押しっぱなしになっている)
・お風呂に落とした/海に落とした
・音楽が聞こえない/電話の相手の声が聞こえない

★症状一覧

お問い合わせ

修理に関するご相談やお見積もりはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
問い合わせ方法は電話とメールの2種類から選べます。

機種ジャンル
機種名
症状
修理箇所
修理店舗
所在地
〒4600003愛知県名古屋市中区錦3丁目23−18 ニューサカエ3番街 ニューサカエビル 地下2階
電話番号
営業時間
10:00~19:00
定休日
年中無休(年末年始を除く)
他の店舗を探す
iPhone X の価格表
修理内容 料金(税込)
画面(軽度) ¥ 6,800
画面(重度) ¥ 9,800
バッテリー ¥ 6,800
充電コネクタ ¥ 10,800
各種ボタン(電源・音量・マナーモード) ¥ 10,800
リアカメラ ¥ 13,800
リアカメラレンズ ¥ 6,800
フロントカメラ/近接センサー ¥ 8,800
スピーカー ¥ 6,800
水没 ¥ 9,800
システム修復 ¥ 14,800

iPhone Xについてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

iPhone についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として3,800円かかります。
基板修理の結果、「修理不可」となった場合、基板修理作業料として5,800円かかります。

◆保証期間について(パーツの初期不良保証)
 一部の画面修理は、3ヶ月保証です。
 その他の部品交換修理は、1ヶ月保証です。 
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆画面【軽度】とは、「軽くガラスが割れている程度で、全体的に問題なくタッチ操作ができ、液晶に異常(にじみ、変色、タテ筋など)も見られない状態」を指します。

◆画面【重度】とは、「重度のガラス破損、液晶の異常(にじみ、変色、タテ筋などがある状態)、タッチ操作ができない、タッチ切れしている状態」を指します。

◆画面は機種により「高品質パネル」もご用意しています。詳しくは店舗へお問い合わせ下さい。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。

◆指紋認証機能(Touch ID)が搭載されている機種について、ホームボタンを交換した場合は、指紋認証が使えなくなります。

◆顔認証機能(Face ID)が搭載されている機種について、フロントカメラ・近接センサーを交換した場合は、顔認証が使えなくなります。

◆イヤースピーカーの故障の原因が、近接センサーの場合は近接センサーの料金を適用し、イヤースピーカーの場合はスピーカー料金を適用します。

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ