iPhoneのバッテリーの状態が90%以下は交換の目安時期?

2020年1月10日

最終更新日:2022年6月15日

この記事では、iPhoneのバッテリーの状態が90%以下になった場合は交換が必要なのか、目安の交換時期はどのくらいか解説していきます。スマホ修理王では、これまでに多くのiPhoneのバッテリー交換のご依頼を受けてきましたが、設定から確認できるバッテリーの状態は、お客様の使用年数や使用環境によって90%や80%など、様々です。

「バッテリーの状態の最大容量の表示が何パーセントになったら交換したほうがよい時期なのか」という疑問にプロの修理屋が答えていきます。

スマホ修理王では、データそのまま最短30分でiPhone修理が可能です。
ご依頼は来店・郵送どちらでも可能です。事前にお電話やメールでもご相談が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。iPhoneの詳しい修理価格等はiPhone修理のご案内ページをご覧ください。

 
スマホ修理王_店舗一覧
 

※目次のタイトルをクリックすると、読みたい項目まで飛ぶことができます。

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法

設定から確認可能

iPhoneのバッテリーの状態は設定から確認することが可能です。まず、iPhoneの設定アプリを開き「バッテリー」をタップして下さい。

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法_1

そして、「バッテリーの状態」をタップ。

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法_2

そうすると、「最大容量」の項目でバッテリーのパーセントが確認できます。

iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法_3

新品のiPhoneの場合、ここに表示される最大容量は100%ですが、年月が経ち劣化してくると、90%や80%と数字が減ってきます。

大体2年ぐらいがバッテリーの寿命といわれています。そのため、2年程使用している方は一度設定からバッテリーを確認してみましょう。

✔︎チェック
バッテリーを劣化したまま使うのは端末にあまり良くありません。バッテリーのみの交換ですとお安くご利用が可能です。ご依頼の際はあらかじめ対応機種を確認していただき、お電話やメールにてお問い合わせいただくとスムーズに交換対応が可能です。電話やメールでの事前ご連絡なしの当日の店頭お持ち込みでも、部品さえあれば即日対応可能ですので、お気軽にお立ち寄りください。
iPhoneバッテリー交換のシリーズ別価格表はこちら

iPhoneのバッテリーの寿命

おおよそ2年

iPhoneには全シリーズ通して、リチウムイオン電池と呼ばれるバッテリーが搭載されています。このバッテリーは充電することで繰り返し使うことができる優れものですが、充電と放電を繰り返すことで、徐々に本来持っている性能を発揮できなくなってしまいます。前項で確認した「最大容量」はこのリチウムイオン電池が、新品時と比べて何パーセントの性能を発揮できているか表したものです。通常使用して2年ほど経つと、最大容量の表示が80%前後になることが多く、80%を下回ってくると、充電の減りが早いと感じやすくなったり、意図しないシャットダウンが起こったりすることがあります。そのため、おおよそ2年がバッテリーの寿命だと言われています。

次項では、パーセント別に交換をした方が良いかどうかを解説していきます。

iPhoneのバッテリーの状態別の交換時期

では、実際に表示されているパーセント別の交換時期を確認していきます。
ずばり、交換の目安となる最大容量のパーセントは80%~85%前後です。減りの早さを感じてスマホ修理王にiPhoneのバッテリー交換をご依頼される方は、だいたい最大容量が80%~85%前後であることが一番多いです。従って、80%~85%前後がバッテリー交換の目安時期と言えるでしょう。

最大容量が90%前後

最大容量が90%前後

iPhoneのバッテリー状態が90%程のものは交換するべきなのでしょうか?

90%前後のものに限っては、正直なところどちらでも良いと思います。ただ、90%程になると確実に減りの早さは感じてくることでしょう。ここばかりは、使用者の体感で決めてもらえればと思います。90%程の場合、当店では画面割れで修理されたお客様がついでにバッテリーを交換をすることが多いです。

スマホ修理王では、2か所以上を同時に修理をご依頼いただくと、2か所目以降の修理が通常料金からお値引きさせていただいておりますので、お得に交換可能です。

最大容量が80%~85%前後

この辺になると、いよいよ交換時期に入ってきます。

バッテリー交換を依頼されるお客様は、だいたい80%~85%前後であることが一番多いです。80%前後であることは2年程使用されているお客様に多いですが、中には使用頻度が高く頻繁に充電や放電を繰り返されることで1年程でこの容量まで低下する方もいます。

設定からバッテリー状態を見て、この辺のパーセンテージの方は交換を検討するのがベターです。

最大容量が80%以下

ここまで容量が低下すると交換は必須となってきます。交換しないで使用すると以下のようなことが起こります。

・端末が勝手に再起動する
・アプリ使用中にアプリが落ちる
・端末レスポンスの低下
・起動不良となる

長期にわたって使用していると端末に異常をきたす可能性が高くなり、最悪の場合は起動出来なくなる可能性もあります。これは十分な電力が端末に供給されないことが原因です。そのため、バッテリー状態の確認で80%以下の方は早急に交換することをオススメします。

バッテリーの状態がサービス表示

iPhoneのバッテリーの状態がサービス

写真のようにバッテリーの状態で「サービス」と表示されていると危険信号です。

■関連記事
【交換必須】iPhoneのバッテリー状態がサービスになった時の危険性

このサービス状態は「iPhoneが正常な動作を行えない可能性が出てきている為、新しいバッテリーと交換して下さい」とiPhone側が警告を出している状態です。

この文字が表示された場合は早急に交換して下さい。そのまま使い続けていると、上記でご紹介した不具合が出てくる可能性が非常に高くなります。

バッテリーの寿命をのばすコツ

充電しながら使わない

充電しながら使うことは避けましょう。iPhoneは充電中、その特性上熱を帯びます。充電中に負荷のかかる動画再生や、アプリの使用によりさらに発熱し、バッテリーは劣化します。また、発熱することでバッテリーは膨張する恐れがあります。

■関連記事
iPhoneが熱い!その原因と対処法について解説します

充電中はなるべく使用せず、できればケースも外しておくことをおすすめします。

極度に熱い/寒いところで使用しない

iPhoneの推奨使用環境は、0°C〜35°Cとされています。参考:バッテリー – パフォーマンスを最大化する – Apple(日本)

夏場に車内や直射日光のあたるところに置きっぱなしにすることで、推奨される使用気温を超えることで、バッテリーに負荷がかかります。また、寒い地域にお住いの方は、冬場の使用環境にも注意しましょう。

加えて、熱を持ったiPhoneを冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やそうとすることは絶対にやめましょう。内部が結露し水分が溜まり、基板がショートする可能性があります。

定期的なアップデートを怠らない

iOSのアップデートの中には、節電機能を向上させる内容が含まれていることがあります。古いバージョンのままだったり、不具合が確認されているバージョンのまま放置したりしている場合には、速やかにアップデートすることをおすすめします。

スマホ修理王ならデータも消さずに即日でバッテリー交換可能

スマホ修理王なら、iPhoneのバッテリー交換を即日でデータも消さずに修理することが可能です。

iPhoneのバッテリー交換でなぜデータは消えないのか?

「バッテリー交換でデータは消えないの?」

「キャリアやメーカーではデータが消えると言われたので心配です。」

スマホ修理王には、上記のようなご相談をよくいただきます。

通常のバッテリー交換ならメーカーでバッテリーのみの交換をしてくれることもありますが、例えばバッテリーが原因の起動不良だったり、端末がわずかに変形してメーカー修理の対応ができない場合は、端末交換となり修理費用が高額またはバッテリー交換不可とされることになります。

こういった場合でも、スマホ修理王ならデータそのまま最短即日でご対応することが可能です。

もちろん通常のバッテリー交換も対応が可能です。iPhoneバッテリー交換であれば、最短30分~1時間程でご対応可能です(混み具合などで多少時間は前後します)。

メーカーの修理とは違いその場で修理を行うので、ちょっとランチしている間に交換が終わります。

■関連記事
iPhoneのバッテリー交換でデータは消える?残す方法は?

✔︎チェック
以下のページで、iPhoneのモデル別のバッテリー交換料金を確認できます。まずはお気軽にお問い合わせを頂ければと思います。
>>シリーズ別iPhone修理価格表はこちら

iPhoneのバッテリー交換ならスマホ修理王へ

いかがでしたでしょうか。バッテリーはスマホの部品の中で最も劣化しやすい箇所です。逆に交換すれば、まだまだ現役で使えるのも事実です。「最近減りが早くなってきたな…」という方は是非交換をご検討ください。

スマホ修理王ではお客様の端末を直せるように様々な修理ラインナップをご用意しています!

iPhoneのみに限らず、Xperia,,Galaxy,Huawei,Zenfone,ガラケー,その他国内外モデル,パソコンのSurface,Switchなどのゲーム機にも対応しています。

関連記事

【交換で直る】音は鳴るがiPhoneの画面映らない/液晶真っ暗

【交換すればまだ使えます】iPhone7のバッテリー最大容量が80%

バッテリー膨張の原因は?2つの危険性と対処法を徹底解説!

お問い合わせ先

修理に関するご相談はこちらの「お問い合わせフォーム」よりお気軽にご連絡ください。
お問い合わせ方法は電話・メールの2種類からお選びいただけます。

未成年のお客様へ

未成年者の修理には親権者の同意が必要です。
お手数ですが、以下の手順に沿って保護者の方に同意書へご記入いただき、記入済みの同意書をご持参ください。
1.「親権者の修理同意書」をダウンロードしてください
2.同意書を印刷してください
3.保護者の方に同意書への記入をご依頼ください
4.修理が必要な端末と同意書を一緒にお持ち込みください

店舗情報

スマホ修理王 大阪心斎橋店
〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-4-13 竹山ビル1F
営業時間 11:00~20:00(最終受付19:30)
電話番号 06-6121-6322
アクセス 大阪市営地下鉄 心斎橋駅より徒歩3分

その他の店舗は店舗一覧ページからご確認ください。

機種ジャンル
機種名
症状
修理箇所
修理店舗
所在地
〒5420086大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目4−13 竹山ビル1階
電話番号
営業時間
11:00~20:00
定休日
年中無休(年末年始を除く)
他の店舗を探す
iPhone 7 の価格表
修理内容 料金(税込)
画面(軽度) ¥ 5,800 〜
画面(重度) ¥ 7,800 〜
バッテリー ¥ 5,800
充電コネクタ ¥ 9,800
各種ボタン(電源・音量・マナーモード) ¥ 9,800
リアカメラ ¥ 5,800
リアカメラレンズ ¥ 9,800
フロントカメラ/近接センサー ¥ 6,800
スピーカー ¥ 5,800
マイク ¥ 9,000
水没 ¥ 9,800
システム修復 ¥ 14,800
リアパネル -
SIMカード取出 -
外装の交換 -

iPhone 7についてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

iPhone についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として3,800~5,800円かかります。

◆保証期間について(部品の初期不良保証)
 一部の画面修理は、3ヶ月保証です。
 その他の部品交換修理は、1ヶ月保証です。 
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆画面【軽度】とは、「軽くガラスが割れている程度で、全体的に問題なくタッチ操作ができ、液晶に異常(にじみ、変色、タテ筋など)も見られない状態」を指します。

◆画面【重度】とは、「重度のガラス破損、液晶の異常(にじみ、変色、タテ筋などがある状態)、タッチ操作ができない、タッチ切れしている状態」を指します。

◆画面は機種により「高品質パネル」もご用意しています。詳しくは店舗へお問い合わせ下さい。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。

◆指紋認証機能(Touch ID)が搭載されている機種について、ホームボタンを交換した場合は、指紋認証が使えなくなります。

◆顔認証機能(Face ID)が搭載されている機種について、フロントカメラ・近接センサーを交換した場合は、顔認証が使えなくなります。

◆イヤースピーカーの故障の原因が、近接センサーの場合は近接センサーの料金を適用し、イヤースピーカーの場合はスピーカー料金を適用します。

◆価格表に掲載しているのは、一部機種になります。モデルの選択に無い機種は、お問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ