iPadの充電が遅いときはココをチェック!今すぐできる対処法

2022年7月29日

iPadの充電が遅いと「どこか故障したのかな」と心配になりますよね。
しかし、故障を疑う前にいくつかチェックしてみるべきポイントがあります。
この記事では、iPadの充電が遅い原因と、今すぐできる対処法についてご紹介していきます。

※ご紹介する内容はすべて、2022年7月時点のものとなります
※iPadのモデル・バージョンによっては内容が異なることがあります

◆◇◆ 目次 ◆◇◆

※目次のタイトルをクリックすると、読みたい記事まで飛ぶことができます。

iPadの充電が遅い原因は?

iPadの充電が遅い原因は?

iPadの充電が遅いときに、考えられる原因は主に以下の3点。

①:充電器
②:環境
③:iPad本体

それでは一つずつ確認していきましょう。

原因①:充電器

原因①:充電器

iPadの充電が遅いときは、案外単純なことが原因となっていることも多いもの。
まずは充電器に問題がないかどうかをチェックしてみましょう。

きちんと接続されていない

意外とやってしまいがちなのが、充電器をきちんと挿していなかったというミス。
「そんな簡単なことで」と思うかもしれませんが、充電ケーブルやコンセントを、いま一度見直してみましょう。

非正規の充電器を使用している

「安いから」「問題なく使えるから」という理由で、非正規品の充電器を使用している方もいらっしゃるかと思います。
しかし、純正品以外の充電器を使用していることが原因で、iPadの充電が遅い可能性も。
非正規品がすべて悪いというわけではありませんが、中には粗悪なものや、デバイスとの相性があまり良くないものも存在します。
充電器はなるべく正規品を使用するようにしましょう。

ケーブルが断線している

外見では何も問題なくても、ケーブルの内部で破損や断線をしている可能性もあります。
一度別のケーブルを繋ぎ、正しく充電できるかどうかを確認してみましょう。

アダプタに問題がある

iPadの充電が遅いときは、USBケーブルを繋ぐアダプタの出力が弱い可能性があります。
例えば、Appleの電源アダプタの中で「5W」のものと「20W」のものを比較すると、20Wを使用するほうが充電速度はアップします。
出力が高いアダプタに交換し、充電速度が上がるかどうかを確認してみてください。

USBポートに問題がある

アダプタと同じく、USBポートの出力が低い場合も、Padの充電が遅い原因となります。
特にPCのUSBポートは出力が低いため、PCに直接繋いで充電するのはおすすめしません。

原因②:環境

原因②:環境

iPadの充電が遅い原因が、周囲の環境にあることも。
環境による大きな要因は、ズバリ「温度」です。
iPadの動作において、最適な温度は0℃~35℃
周囲の気温が高すぎる、または低すぎると、バッテリーのパフォーマンスが低下してしまうことがあるのです。

周囲の温度が高い

iPadは精密機械なので、そもそも熱に弱いという性質があります。
夏の車内や、直射日光があたる窓辺は特に注意。
充電をする際は、iPadの温度が上がらないよう工夫をしながら様子を見てみましょう。

気温が低い

冬場に、暖房をつけない部屋に置きっぱなしにしているiPadが、驚くほど冷たくなっていることがあります。
このように気温があまりにも低いと、iPadに搭載されているリチウムイオン電池の化学反応が鈍くなってしまうことに。
もし寒い部屋でiPadの充電が遅いと感じたら、少しあたたかい場所で充電をし直してみましょう。

原因③:iPad本体

原因③:iPad本体

iPadの充電が遅い原因として、本体に何らかのトラブルがある可能性も考えられます。
一つずつ確認してみましょう。

再起動してみる

まずはiPadを再起動してみましょう。
電源を入れ直すだけで、トラブルが解消することもあります。

アプリの消費電力が高い

バックグラウンドアプリが動いているせいで、iPadの充電が遅いという可能性もあります。
何らかのプログラムが動いていたり、勝手にデータ通信をされたりすると、常に大きな電力が消費されてしまうことに。
そうなると、いくら充電してもどんどん電力が消費され、その結果「充電が遅い」と感じてしまうということになります。

まずは以下の手順で、アプリの消費電力をチェックしてみましょう。

アプリの消費電力を確認する手順
▼設定
▼バッテリー
▼App毎のバッテリー使用状況
▼アプリごとの%を確認

上記の画面を確認し、もしもあまり使用していないアプリが電力を大きく消費していた場合は、アプリの設定を見直すか、削除するようにしましょう。

iPadのバッテリーが劣化している

最後に考えられるのは、バッテリーの劣化。
iPadのバッテリーは消耗品なので、充電を繰り返すとどんどん劣化が進みます。
「iPadの充電速度が遅い」というのも、バッテリーが劣化しているサインのひとつ。
まずは以下の手順で、バッテリーの状況をチェックしてみましょう。

バッテリーの状況を確認する手順
▼設定
▼バッテリー
▼バッテリーの状態
▼最大容量⇒80%を下回っていると要注意

最大容量の数字が80%を下回っていた場合は、バッテリーの劣化が考えられます。
「まだぜんぜん大丈夫」と思うかもしれませんが、ある日突然電源が入らなくなったり、何の前触れもなくリンゴループになったりする恐れも。
バッテリーの劣化が考えられるときは、なるべく早く修理に出すことをおすすめします。

iPadのバッテリーを交換するには

iPadのバッテリーを交換するには

iPadのバッテリーは、Appleの正規店、もしくは民間の修理店で交換することができます。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、自分に合ったお店をよく選んで修理を依頼しましょう。

正規店で修理

iPadのバッテリー交換は、Apple StoreやAppleの正規店で修理を依頼することが可能です。

修理をする方法

■持ち込み修理
Apple StoreやAppleの正規店にiPadを直接持ち込み、修理を依頼します。
持ち込み修理の場合は、あらかじめ店舗への予約が必要となるのでご注意ください。

■配送修理
持ち込みではなく、配送での修理も可能。
Apple指定の配送業者がiPadを引き取り、Appleリペアセンターへ配送してくれます。

修理にかかる期間

修理の内容や状況によって異なりますが、通常は約5~7営業日かかることがほとんど。
Appleの刻印が入ったiPadの場合は、最大で15営業日ほどかかることもあるようです。

バッテリーの修理料金

■Apple製品限定保証対象
■AppleCare+に加入している
■AppleCare+for iPadに加入している上、バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に低下

上記の場合、バッテリーの交換費用は無料。
ただし、通常使用による経年劣化の場合は保証対象外となり、税込15,000円の修理料金がかかります。

正規店での修理:こんな人におすすめ

★iPadがApple製品限定保証対象である
★Appleの各種保証サービスに加入している
★正規店の安心感に惹かれる

正規店のデメリット

★修理に長い日数がかかる
★基本的にデータは削除される
★故障の内容によっては別途修理料金がかかる

民間店で修理

スマホを修理している民間店の多くは、iPadの修理も承っています。

修理をする方法

修理の流れは店舗によってさまざまですが、多くはそのままiPadを店舗に持ち込んで修理を行います。
例えば、スマホ修理王で修理をする場合の手順は以下の通りです。

スマホ修理王「持ち込み修理」の流れ

▼無料相談・見積依頼
まずは電話や問い合わせフォームで、どのような不具合があるかをご連絡ください。
「とりあえず相談だけ」「見積もりだけ」でも歓迎です。

▼来店日時の決定
この時点でご来店日時を決定しておくとスムーズ。
すぐに修理できるよう、必要なパーツを取り置きしておきます。

▼ご来店
バッテリーを交換するiPadを持って店舗へ。
詳しい症状を再度ご確認してから、修理料金や修理の時間を改めてご説明します。

▼修理
Apple正規店は、店舗からAppleリペアセンターへと配送されてから修理が行われますが、スマホ修理王なら持ち込んでいただいた店舗ですぐに修理をスタート!
動作確認などのチェックを入念に行った上で、高いスキルを持つ修理スタッフが丁寧にバッテリーを交換します。

▼修理完了
状況や内容によっては、ほんの数十分ほどで修理が終了。
その日のうちにiPadを持って帰ることができます。

店舗にパーツがあれば、ご予約なしでのご来店でもすぐに修理をすることが可能です。
外出中にiPadの調子が悪くなったときなど、ぜひいつでもお気軽にお越しください。

また、スマホ修理王では持ち込み修理の他に、郵送での修理も承っています。

スマホ修理王「郵送修理」の流れ

▼無料相談・見積もり(必須)
突然iPadを送られると修理ができないので、まずは電話か問い合わせフォームでご相談ください。

▼パーツの取り置き
郵送予定日時が決定すると、パーツの取り置きを行います。

▼発送
iPadが壊れないようにしっかり梱包したら、スマホ修理王へ郵送。

▼修理
iPadが到着したら、状況や修理内容などを改めてご連絡します。
その後は入念にチェックをし、いよいよiPadの修理を開始。

▼修理完了
修理が完了したら、お客様にご報告してから返送します。
宅配業者に代金を支払い、お取引は完了です。

修理にかかる期間

スマホ修理王をはじめ、多くの店舗でも即日で修理を完了できることがほとんど。
「その日に持って帰りたい」「代替機は使いたくない」
という方にぴったりです。

バッテリーの修理料金

お店によって異なりますが、正規店より安く修理できることも。
修理前に見積り確認をしておくと安心です。

民間修理店での修理:こんな人におすすめ

★その日のうちに修理したい
★データを削除せず修理してほしい
★出費を抑えたいから希望の箇所だけ直してほしい

民間修理店のデメリット

★メーカーやキャリアの保証・サポートの対象外になる
★まれに、悪質なサービスを提供している店舗がある

iPadのバッテリー交換なら、スマホ修理王

iPadのバッテリー交換なら、スマホ修理王

民間店での修理には、ユーザーにとって嬉しいメリットが盛りだくさん。
ただし、中には不当な修理料金を取っていたり、総務省登録修理業者ではないのに修理を行っていたりと、悪質な店舗も存在するのでご注意ください。

とはいえ、ほとんどが安心して利用できる優良店。
中でも、良いお店を選ぶポイントは以下の通りです。

★修理実績が豊富にある
★総務省登録修理業者である
★アフターサポートが1週間以上ある
★部代・作業代込みのわかりやすい価格表示がされている

民間店での修理をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちスマホ修理王は、国の厳しい基準をクリアしている「総務省登録修理業者」
スマホ修理業界のパイオニアで、修理実績は数十万代以上です。

■最短10分~、即日で修理が可能
■データはそのまま・削除せず修理
■ほとんどの店舗が駅から5分圏内
■郵送修理・持ち込み修理、どちらも対応
■部品代・作業代込みの、わかりやすい価格
■最大3ヵ月の無料保証付き・アフターフォローも万全
■高い修理スキルを持つスタッフが在籍・技術面でも安心

このように、お客様にとってお得で安心のサービスを徹底。
「iPadの調子が悪い」というときはもちろん――
「ちょっと相談だけしてみたい」
「見積もりを見てから決めたい」
なども、もちろん大歓迎!

無料相談・見積もりだけでも承っているので、お困りの際はどうぞお気軽にご相談ください。

※故障内容によっては一部店舗でご対応できない場合があるので、予めご了承ください

スマホ修理王は満足度三冠達成!

この記事の監修者

株式会社フラッシュエージェント

取締役 大橋光昭

1983年大阪府生まれ。OA機器販売営業、インターネット広告代理店のマーケティング職・新規事業開発職などを経て、2015年4月 株式会社ヒカリオを同社代表と設立。iPhone修理事業の担当役員として商業施設を中心に延べ14店舗(FC店含む)の運営に携わる。2019年7月 iPhone修理事業の売却に伴い株式会社ヒカリオを退職。2019年10月 株式会社フラッシュエージェント入社。「スマホ修理王」の店舗マネジメント及びマーケティングを担当。2020年4月 同社取締役に就任。

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ