【iPad 第9世代】ガラス割れ、データを消さずに当日修理

2022年6月15日

ガラスがバキバキに割れてしまった「iPad 9/ 第9世代」のガラス交換の修理についてご紹介いたします。

iPad 第9世代は2021年秋に発売されたiPadシリーズの最新モデルです。

昨今発売されているiPad miniシリーズ最新の「iPad mini6」やiPad ProシリーズはFace IDが搭載されており徐々にホームボタンがないモデルも増えていますが、「やっぱりホームボタンがある方が便利!」とこちらのiPadシリーズをご購入された方も多いのではないでしょうか。

それではまず、壊れてしまったiPadの画像をご覧ください。

ガラスが広範囲に渡って割れてしまっており、ガラスがめくれて中身が露出してしまっている部分もあります…。

スマホ修理王では、iPad 第9世代のガラス割れの修理は即日で、中のデータも消えることなく修理可能です。
今回はその修理レポートをお届けいたします。

iPad 第9世代のガラス割れ修理のレポート

iPadシリーズですが、「ガラス部分」と表示の「液晶部分」で分かれているモデルがほとんどです。

ですので、「ガラスは割れているけど、画面は普通に映っている」という場合はガラスの交換修理のみで対応可能なんです。
タッチがおかしい!という場合も、タッチ機能はガラスの部品に搭載されているので基本的にはガラスの交換で改善する可能性があります。

分解するとこういった状態です。

バラバラにできたところで、まず修理に使用するガラスの部品のタッチ動作が正常かどうかを確認していきます。

部品が正常であることをスタッフでも改めて確認ができました。

さあガラスの取り付け作業を行おう…の次に、非常に大事な作業があります。
「ホームボタンの移植」です。

「ホームボタン」の部分ですが、修理スタッフもとても気を遣う大事な部品です。
なぜかというと、例えば仮にこのホームボタンが壊れてしまった場合、交換したとしても指紋認証(Touch ID)が一切使用できなくなります。

これは、持ち主の指紋を登録できる唯一の部品となっており、仮に壊れてホームボタンを交換しても、そのiPadでは指紋を登録すらできないという仕組みになっています。

そんな大事なホームボタンですが、無事に移植も完了いたしました。
ここから、さらにホームボタンの動作・Touch IDの機能が問題ないことを確認し、組み立てです。

これにて修理は完了です。

修理の作業時間は2時間程度、今回はお客様がお仕事のお昼休みに預けにいらっしゃり、仕事終わってご来店ただく夕方にはご返却完了という流れでした。

修理まとめ

今回はiPad 第9世代のガラスの交換修理についてご紹介いたしました。

iPadとこういったガラスと表示液晶が分かれているモデルは、ガラスのみの交換修理になりますので、修理費用が安く抑えられるうえ、スマホ修理王ではiPadの修理ならびにスマートフォンの画面修理は基本即日、データも消えることなく修理ができます。(2022年6月現在ですと、AppleでのiPad修理は5~7日程度の預かり修理となります。)

今回のiPadをご依頼いただいたお客様も「まさか壊れると思わなくて保証も入っていなくて、メーカーに頼もうと思ったら思いのほか高かった」とのことでのご依頼でしたが、ご紹介したiPadの修理のように場合によってはメーカー修理よりも修理費用を安く抑えられる場合もございますので、ぜひ同じようにお困りの方は修理をご検討くださいね。

ご来店のお客様へ コロナウイルスへの対策取り組みは以下のページより
スマホ修理王 コロナウイルス感染対策への取り組み

お問い合わせ

修理に関するご相談やお見積もりはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

問い合わせ方法は電話とメールの2種類から選べます。

機種ジャンル
機種名
症状
修理箇所
修理店舗
所在地
〒5560011大阪府大阪市浪速区難波中2丁目6−22 ナンバAOビル1階
電話番号
営業時間
11:00~20:00
定休日
年中無休
他の店舗を探す
iPad (第9世代) (A2602/A2604/A2603/A2605) の価格表
修理内容 料金(税込)
画面 ¥ 21,800
画面(液晶) ¥ 21,800
バッテリー ¥ 13,800
充電コネクタ -
各種ボタン(電源・音量・マナーモード) -
リアカメラ -
フロントカメラ -
スピーカー ¥ 16,800
水没 ¥ 21,800
基板修理 -
システム修復 ¥ 14,800

iPad (第9世代) (A2602/A2604/A2603/A2605)についてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

iPad についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として5,800円かかります。
基板修理の結果、「修理不可」となった場合、基板修理作業料として5,800円かかります。

◆パーツの初期不良について、保証期間は1ヶ月間です。
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。

◆SIM取り出しは、SIMの詰まり具合によって、4,800~10,800円です。

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ