【液晶・スティックetc】Nintendo Switchは壊れやすい?

2021年6月11日

世界で累計約8000万台、日本国内で2000万台をを売り上げたNintendo Switch。
外にも持ち運べる「携帯ゲーム機」として、テレビでできる「据え置きゲーム機」として、どちらも兼ね備えた優秀なゲーム機ですが、
その反面壊れやすいというのは皆さん1度は見聞き、もしくはご自身で経験されたという方も多いのではないでしょうか?

一番有名なのはニュースになったアナログスティックの故障でしょう。
「動かしてもないのに、キャラクターが勝手に動く」
「全然違う方向に行ってしまう」
「キャラが全く進まないので、思うようにゲームができない」
これはNintendo Switchを遊んだことがある方なら1度は経験があるかと思います。

今回は、スマホ修理王が扱うNintendo Switchの故障において「特に相談が多い故障」をご紹介します。

液晶割れ

物理故障として最も多い相談が「液晶割れ」の故障です。

Switchは表面部分のタッチスクリーンは分厚く強度も有り耐久度がありますが、その下にある表示部分の液晶が非常に衝撃に弱く、「画面が黒くにじんで表示できなくなった」こういう症状のご相談は後を絶ちません。
お客様からお聞きする限りでは、
・手元から落としてしまった
・Switchの上にモノを落としてしまった、または誤って踏んでしまった
・対戦ゲーム中、興奮してSwitch本体を強く叩いた
などが理由です。小さいお子様の力でもバンバンと叩くと壊れてしまうことがあるようです。

ゲームカードが読み込めない

これは経年劣化により出現する可能性が高い症状です。
ゲームソフトをたくさん持っている方ですと、代わる代わるいろんなゲームを毎日楽しんだりしたいものですよね。
しかしながら、抜き差しを行っているだけでなんと「ゲームが読み込みしづらくなる」という故障が存在します。
「何回もゲームカードを抜いたり差したりしないと、ゲームソフトがちゃんと読み込めない」
「ゲームソフトを挿し込んでも無反応」
「ゲームソフトを差すと”ゲームカードが読み込めませんでした。ゲームカードを差しなおしてください。”とエラーが出る」
ほかの例ですと「ゲームソフトを裏と表を逆で挿し込んでしまい、差込口自体が壊れてしまった」という症例も過去にありました。
基本、どのソフトを挿し込んでも読み込めない場合は、本体の差込口部分が壊れてしまったと思っていいでしょう。

本体が熱くなって、Switchがスリープする

これも使用の経年によって出現する症状の1つです。
Switchには、防水や防塵といった機能がありません。これは、ゲームをプレイすることによって発生する本体に籠った熱を、冷却ファンが回転し逃がすようにしており、隙間をどうしても作らねばならない構造をしています。
では、防水や防塵といった機能がないことで何を引き起こすかというと、「内部にホコリが詰まり冷却ファンを壊していく」ことが非常に多いのです。

内部を開くと、塵や砂埃、髪の毛、ペットの毛などが混入しており、ホコリが詰まってしまったファンが回ろうにも回れなくなり、結果ファンが異常をきたし壊れてしまいます。
そして冷却ファンが壊れた結果、熱を逃がすことができなくなってしまったNintendo Switchは異常な発熱を検知し、結果「本体が高温になりすぎたため、スリープします。」というエラーメッセージがゲームで遊べないほど頻発するようになります。

充電できない

こちらも相談内容として多い症状です。

Nintendo Switchは、内部の電子基板に充電口が直接取り付けられているような構造をしています。
この構造自体はよくスマートフォンやタブレットでも見られ珍しいものではないのですが、頻繁に抜き差しする・充電ケーブルを引っ張って抜く・使用によっては充電しながら使用する等、使用によって負担がかかり充電口と電子基板の接着部分が劣化し、「充電口がグラグラする」「新しい充電ケーブルと使っても、ケーブルの根本部分の角度を変えないと充電できない」という故障が多い構造でもあるのです。
Nintendo Switchは、スマートフォンと違い大きく、さらに重量もありますので、充電口の負担がスマホよりも大きいため故障しやすいと言えるでしょう。

また、この充電口だけでなく、電子基板まで破損が及んでおり、電子基板の修理も必要な場合があります。

電源が入らない

「昨日まで普通に使えていたのに、急に起動できなくなった」という故障があります。
「急に充電ができなくなったんです」とお持ちいただくお客様もいらっしゃるのですが、そもそも「電源が入っていない」ということが受付時点で判明するパターンも非常に多いです。

丁寧に使用をしているつもりでも、起動ができなくなることは電子機器において珍しい故障ではありません・・・。
しかしながら、スマートフォンですと急に起動できなくなる原因の1つとしてバッテリーの劣化や故障ということがあり、まずバッテリーの交換でご案内することが多いものの、Nintendo Switchに限ってはバッテリーではなく「電子基板が故障」していることがほとんどです。

さらに基板の故障のケースとして、起動自体は出来ているが起動をさせてもエラーコード「2101-0001」という番号が出て全くゲームができない、これも基板の故障になります。

また、高温の場所や日の当たりのいい場所に放置していても電源が入らなくなる可能性があります。
夏場は「旅行・出かける際に、Switchをもっていって、車内に放置していたら、電源が入らなくなった」という相談をいただくことがあります。夏場の炎天下での駐車は、車内温度が70度を超えるときもありますので、やはり電子機器の車内放置は気をつけたいところです。

電源を入れると、画面が青い(ブルースクリーン)

源を入れるとブルーの画面から動かなかったり、急にゲーム途中に画面がフリーズして再起動すると画面が青くなっていたり、こういった症状は「ブルースクリーン」と呼ばれる症状です。
最も多い原因が「電子基板の湾曲」です。
相談される傾向としては、およそSwitchの購入から「1年~2年程度経った」というお客様が多い印象です。

Nintendo Switch自体が外装含めあまり耐久度がないゲーム機のためか、携帯機として使用しているとゲームプレイの際にどうしても力が加わり、本体自体が徐々に湾曲してしまいます。
強い衝撃を加えてもなるときもあり、「落として画面が映らなくなった!」とお持ち込みいただき、液晶交換を施すとブルースクリーンだった、ということもありました。

こちらは残念ながら、修理という修理がかなり難しい症状になります。
ブルースクリーンという症状自体がかなり重度の基板の破損にあたるため、基本的に「引き続き遊ぶために修理がしたい」というのは内部の電子基板を丸ごと交換することでしか解決しないのですが、この電子基板の交換はスマホ修理王では取り扱っていません。
なぜなら、基板を丸ごと交換してしまうと、遊んだゲームのプレイデータが全部消えてしまうからです。
スマホ修理王では基本的にはデータを残したまま修理できるように努めていますので、「データを消さないで修理をしてほしい」「何百時間とつぎ込んだデータがあるので、せめてデータをバックアップできる状態にしたい」というお客様に主に修理をご案内しています。

スマホ修理王では、なんと上記の故障すべて対応可能!

スマホ修理王では、Nintendo Switchの故障でのお問合せ、そしてご依頼を多数いただいております。

・データを消さずに修理してほしい
・メーカーに修理に出すと、データの救出は難しいと言われた
・待つ時間がイヤなのですぐにでも修理して遊びたい

こういったことでお悩みの方、ぜひ一度スマホ修理王にご相談ください!
今回、記事でご紹介した内容以外の故障、「SDカードが読み込めませんでしたとエラーが出る」「画面がオレンジ色になったまま動かせない」等、もちろんNintendo Switch Liteの故障も修理を承っております。

スマホ修理王では、ご来店されるお客様、みなさまに安心して修理でご来店いただけるように新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、スタッフのマスク着用、検温、アルコール除菌、店内の換気等を徹底的に行って営業をしております。

新型コロナウイルスに関しての対策に関して、詳しくはこちらをご覧ください。

来店するにも距離が遠い、コロナ禍で外に出るのは不安・・・という方、スマホ修理王では郵送修理も行っております。
郵送修理に関しての詳細はこちらをご覧ください。

そもそも金額は?時間はどれくらいかかる?その日に修理できる?等、一度聞いてみたいという方は下記のページよりお近くの店舗へお問合せ下さいね。

お問い合わせ

修理に関するご相談やお見積もりはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
問い合わせ方法は電話とメールの2種類から選べます。

 

機種ジャンル
Nintendo Switch の価格表
修理内容 料金(税込)
タッチスクリーン割れ ¥ 8,800
画面(液晶) ¥ 9,800
本体バッテリー交換 ¥ 7,800
充電コネクタ ¥ 12,800
スピーカー ¥ 6,800
ゲームスロット交換 (ゲーム読み込み不良) ¥ 10,800
SDカードスロット交換 ¥ 6,800
発熱による動作不良 ¥ 7,800
joycon(ジョイコン) ¥ 2,200
基板修理 ¥ 21,800
水没 ¥ 9,800
ブルースクリーン(軽度) ¥ 17,800
ブルースクリーン(重度) ¥ 29,800
エラーコード解除 ¥ 21,800

Nintendo Switchについてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

Nintendo Switch についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として3,800円かかります。(ジョイコンは2,200円
基板修理の結果、「修理不可」となった場合、基板修理作業料として5,800円かかります。

◆パーツの初期不良について、保証期間は1ヶ月間です。
 正常に起動しない端末・水没復旧処置・データ復旧作業は保証対象外です。
 ※無料保証の適用は上記期間内に1回限りです。

◆複数箇所を同時に修理する場合、2ヶ所目以降を一律2,000円割引します。(ジョイコン、プロコンを除く)

◆Nintendo Switchのスピーカー交換は左右2個セットの価格です。                                                                            
 

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ