【P-01J】ガラケーのデータを取り出すには修理をしましょう!?

2020年9月30日

古くて眠っている端末も復旧可能です。
ガラケーや使わなくなった端末もスマホ修理王にお任せください。

こんにちは。

スマホ修理王 大阪心斎橋店です。

本日はガラケー「P-01J」についての修理ブログになります。

ガラケーに共通しての修理内容も含みますので、
お使いの故障してしまったガラケー、使わなくなったが直したいガラケーをお持ちの方はご参考ください。

修理レポート: ガラケー P-01J/液晶破損

今回は液晶が映らなくなってしまったガラケーの修理になります。

開きっぱなしで置いていた状態に、上からの落下物が当たり破損してしまったようです。

ぶつかった衝撃による画面破損やガラケー特有の「逆パカ」
などガラケーの画面が映らなくなった症状でお持込いただくケースは非常に多いように感じます。

スマホ修理王ではガラケーの修理実績も多数ございますので安心してご依頼くださいませ。

ガラケーを修理ってどうするの?

当然のことながら携帯電話を修理するには故障した箇所に該当するパーツが必要となります。

しかし、ガラケーとなるとその「パーツ単体レベルでの入手」という段階が非常に困難になります。
バッテリーを除けばほとんど不可能と言っても過言ではありません。

ではどのように修理するのか。

それは、もう一台全く同型の端末を用意して基板を乗せ換えるという方法で修理します。

まずは正常に動作する端末を用意します。
そこにお客さまのデータが入った「基板」を乗せ換えることで従来のようにお使いいただける、という構造になっています。

文章だけではわかりにくいかもしれませんので、実際の写真とともにご紹介します。

基板乗せ換え修理で復旧

それでは早速修理を見ていきましょう。
修理方法はさきほどご説明した基板の入れ替え作業になります。

こちらが故障してしまっている状態です。

画面は映っていませんが通知などは入っており、本体は動作していることがわかります。


分解を行っていきます。

この機種はキーパッド側にネジが隠れている機種なので、キーパッドをペリペリとめくり分解を進めると内部の基板が見えてきます。

ここにお客様の大切なデータが全て残っているので丁寧に取り外します。

左が今回新たに用意した全く同型のガラケー。

右が先程取り外したお客様のガラケーの基板です。

これらを入れ替えることでデータはそのまま、画面はバッチリ改善する、といった流れになっています。

交換後の状態がこちら。

しっかりと映るようになりました。

もちろんデータもそのままです。

ガラケーの修理で諦めていた方はぜひ一度ご相談ください。

ガラケー 修理概要

修理料金は本ページ下部の料金表よりご確認下さい。
(ガラケー以外の機種に関してはページ最上部の対応機種からご検索ください。)

修理時間に関しては基本的には3時間のお預かりになります。
(同型の端末の用意に数日~1週間程度要する場合がございます。また、端末の状態によってはお客様にご用意して頂く場合もございます。)
混雑状況・パーツ在庫状況によってご案内期間は前後いたします。

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございます。

ガラケーの修理いかがだったでしょうか。

基本的にはどのような症状であっても、
基板さえ動作していれば今回のような方法で改善・復旧が可能となっています。

また、スマホ修理王では基板の修理も行っているため、
基板が動作しなくなってしまっていても直る見込みはあります。

古いガラケーでデータを取り出したいといった内容でご依頼いただき、改善した実績も多数ございます。
端末の状態など簡単にお調べすることも可能なので、詳しくは1度お近くの店舗までお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

修理に関するご相談やお見積もりはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
問い合わせ方法は電話とメールの2種類から選べます。

機種ジャンル
症状
修理箇所
修理店舗
所在地
〒5420086大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目4−13 竹山ビル1階
電話番号
営業時間
11:00~20:00
定休日
年中無休(年末年始を除く)
他の店舗を探す
ガラケー の価格表
修理内容 料金(税込)
画面 ¥ 16,800
バッテリー(起動不良) ¥ 16,800
充電コネクタ ¥ 16,800
水没 ¥ 16,800
基板修理 ¥ 21,800
その他 ¥ 14,800

ガラケーについてのお問い合わせはこちら

バッテリー交換同時で2,000円割引

ガラケー についての注意事項

  • 価格は全て税込、円(単位)です。

作業の結果、「修理不可」となった場合、分解作業料として5,800円かかります。
基板修理の結果、「修理不可」となった場合、基板修理作業料として5,800円かかります。

◆使用するパーツについて

ガラケー全機種において、パーツが市場に流通していない為、別途パーツとして使用する中古端末代が加算されます。機種によってパーツ代が異なります。

ガラケーはパーツが市場に流通していない為、新品パーツのお取り扱いがございません。 正常に動作可能な整備済み端末(中古品)をご用意し、そこから必要なパーツを流用しての修理、または、本体を丸ごと交換して電子基板を移植する修理となります。(データはそのまま残ります)

お知らせ一覧へ

修理実績一覧へ

お客様の声一覧へ

コンテンツ一覧へ

お役立ちコラム一覧へ