XPERIA Z5

「XPERIA Z5」は、2015年10月に大手3キャリアから発売されました。

  • au:SOV32
  • docomo:SO-01H
  • SoftBank:501SO

「ソニーの技術を結集。高性能なカメラとオーディオ搭載スマホ」というキャッチコピーで登場した「Xperia Z4」の後継機種。
グローバルモデルである「Xperia Z5」の日本国内ローカライズモデルで、シリーズ初の指紋認証対応モデルです。

「Z3 Compact」あたりまでの野暮ったいカラーリングは、「Z3」「Z4」からメタリックな感じに進歩し、「Z5」では、さらに一歩洗練された感じになってきました。

色は、ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色で、ディスプレイ面はホワイトとブラックの2種類あります。

「Z5」あたりから、防水性能が強く打ち出された感があります(「プールに落としても大丈夫」的なCMをやっていた?)が、「お風呂で動画見てたら湯船に落として、そのままお逝きになられた」という修理依頼が後を絶たない現状からすると、実際の防水性能は、ほぼアテにならない模様。(苦笑)

また、CPUの性能が上がったことにより、アプリなどサクサク動くようになった反面、消費電力が増大し、バッテリーの消耗は激しいようです。

スマホ修理王なら、画面修理、バッテリー交換、水没修理など、すべての症状に対応しています。
もちろん、データや設定は元のまま。
まずはお気軽にご相談ください。

修理料金

症状 料金(単位:円、税別)
画面(ガラス)修理 22,000
画面(液晶)修理(タッチが利かない場合) 22,000
バックパネル修理 10,000
バッテリー交換 10,000
電源ボタン修理 13,000
USBコネクター修理 15,000
その他の修理 13,000
水没修理 20,000

※分解・修理を行っても直らない「修理不可」の場合もあります。その場合でも、分解作業料として3,000円(税別)がかかります。

カラーバリエーション

ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色。

XPERIA Z5 カラーバリエーション

スペック

本体サイズ 長さ146㎜×幅72㎜×厚さ7.3㎜
重さ 154g
OS AndroidTM 5.1⇒6.0
CPU 2.0GHz/1.5GHz オクタコア
RAM 3GB
ROM 32GB
外部メモリ microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量 2,900mAh(内蔵電池)
ディスプレイ 約5.2インチ トリルミナスディスプレイ for mobile/フルHD:1920×1080
カメラ メイン:2,300万画素、サブ:510万画素