Nintendo Switch 本体の発熱ですぐにスリープモードになってしまう…。異常発熱の対策方法とは?

こんにちは!
Switch修理王 名古屋栄店です。

本日のご依頼は、NintendoSwitch(ニンテンドースイッチ)の本体が発熱し、「本体が高温になりすぎたためスリープします。」というメッセージと共にスリープモードに移行してしまうという症状でした。

なぜ発熱するのか?

ゲームやスマートフォンなどの精密機器はバッテリーから本体に電力を供給し、ゲームのグラフィックやインターネットの通信を処理しています。
この際、必ず発熱が起こります。
本来はこの発熱が発生した場合も扇風機のようなファンが設置されていたり、熱を拡散する機能が備わっているので特に問題は発生しません。
ですが、使用環境によってはこの熱を処理する機能が正常に働かない場合があります。

例えばNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の本体が発熱する場合は、吸気口や排気口が塞がれていないかを確認しましょう。
吸気口、排気口の場所はこちらでご確認ください。

【Switch】遊んでいると「本体が高温になりすぎたためスリープします。」というメッセージが表示されました。なぜでしょうか?(任天堂社のHPが別ウィンドウで開きます)

それでも解決しない場合は?

吸気口、排気口に問題が確認できない場合は、本体内部に問題があるかもしれません。
内部に問題がある場合は分解や修理が必要となるため、Switch修理王にご相談ください。
それでは、今回頂戴したご依頼の解説を始めます。

分解、調査

まずは本体を分解し、異常発熱の原因を調査します。
ネジを外し分解を進めると、さっそく原因が判明しました。

こちらの中央に見える扇風機のようなパーツが排気を担当します。
画像を見れば分かりますが、ファンに大量のホコリが付着しています…。
これでは正常な排気が出来ず、本体内部に熱がこもってしまいます。

発熱対策

先ほど確認したホコリを除去し、ファンは正常に排気が出来るようになりました。
ですが、まだ出来ることはあるので更に作業を進めます。

こちらはグラフィックの処理を担当しているICチップです。
灰色の粘土のようなもの(グリス)が付着していますが、この灰色の物体が熱を拡散して放熱を行います。
しかしグリスも経年劣化が発生したり、種類によって放熱の効率が変わります。

更なる放熱対策の為、グリスの塗りなおしを行います。

グリス清掃、再塗布

まずは既に塗られているグリスを清掃しますが、この時にICチップや周辺のパーツを破損させないよう、丁寧に作業を行います。
細心の注意を払いながら清掃した結果がこちらです。

すごく綺麗になりましたね!

次は新しいグリスを塗布します。
元々塗られているグリスとは少し種類が違いますので、塗り方も変えます。

このように、無事綺麗に塗ることができました。

作業後の確認

本来パソコンなどでグリスの塗布や内部の清掃を行った際は、専用のアプリなどを使用して温度を測定します。
ですが、NintendoSwitchには残念ながら温度の測定機能はありません(笑)

今回は本体を充電しつつ、インストールされているMineCraftで大量の村人を設置し、数十分放置してみましたが強制的にスリープモードへ移行することはありませんでした。
発熱も修理前よりおさまり、これで快適にゲームが出来そうです!

さいごに

長々と書き連ねましたが、異常発熱は気温の問題や本体を置いている場所でも起こりえる問題です。
本体はなるべく涼しい場所や空気の流れが良い場所で使用しましょう!
それでも異常な発熱が発生する場合は、ぜひSwitch修理王にご相談ください。

↓お問合せはコチラ↓

お問い合わせ

関連記事

  1. 【データは消さずに修理可能!】Nintendo Switch 高温でスリープ!?

  2. ニンテンドースイッチ 液晶画面が壊れた修理もデータはそのままです!

  3. 【Nintendo Switch】液晶が壊れた…!?

  4. 【即日修理 データは消えません!】Nintendo Switch 液晶破損 修理

  5. Switchの画面がシマシマです・・・(´;ω;`)

  6. ニンテンドースイッチ JoyCon(ジョイコン)、プロコンが壊れた修理も対応できます。

修理の流れ

修理料金

よくある質問

お問い合わせ

会社情報