【Mate 9】画面が浮いている!【バッテリー膨張】

皆さま、暑さに負けていませんか?適度な水分補給を心がけて、倒れない程度に日々を過ごしましょう。この時期は水分を取るだけではいけないらしいですね。塩分を取らないとかえって逆効果なんですって。
、、、え?私ですか?完全敗北です。

それじゃだめじゃん!

スマホ修理王 イオシス秋葉原店です。
本日もよろしくどうぞ。

本日の修理レポ

さて、本日も修理品の中からスタッフの独断と偏見でレポートをお届けいたします。
本日私がレポートするのは、、、、、

こちら!


HUAWEI Mate 9です。
、、、
、、、、????
「なんでもないじゃん?」と思った方も多いでしょう。画面が割れている様子もないし、、、、

そうなんです、なんでもないんです。
というわけで本日はここまで!


。。
。。。
じゃない、待って!!!

症状は?

んなわけありません。
記事が終わってしまいます!

別のアングルからご覧ください。

お客様曰く「画面が浮いた。原因は不明。」とのこと。横から見ると一目瞭然ですね。画面がフレームごと飛び出しています。実は1枚目の写真でも左横の縁のラインに若干の違和感があったのですが、こうして症状が顕著なところを見ると結構びっくりしますね。自分のスマホが、原因も分からず突然こんなことになったらビビります。

「これハンパないって!!そんなんならんやん普通!!!」

「なっとる!!やろがい!!!」

あ、このセリフ、通じた人は挙手~ノ

どうしてそうなった。

では何が起きているのか。
実際に中を開けてみてみましょう。

ぱかっ。
なんとなくみえてきました。では、先程のようにアングルを変えてみましょう。

じゃん。
これではっきりわかりますね。バッテリーの膨張が確認できました。画面を押し上げている犯人はこれです。

交換しましょう!

犯人が判明したので、サクッと交換しましょう!
はいっ

無事に交換が終わって起動しました。
横からも。はい~

こうして比較すると随分と落ち着いたことがわかりますね。一度押しあがってしまったせいでフレームがすこーーーーしだけ癖になってしまった感じは否めませんが、最初のような緊迫感はすっかり解消されました。これで安心してまた使えますね。

にしても、近頃のHUAWEI端末の起動画面のアニメーションって格好いいですね。感動します。

解説

なぜこうなるの?

どうしてこんなことになってしまうのか。少し解説しましょう。

バッテリー膨張の原因は、一言にしてしまえば「劣化」です。

リチウムイオンポリマーバッテリのセル内部では、劣化に伴い、電解質が酸化しガスが発生します。そのため、バッテリセルが寿命に近づくと、バッテリパックが膨らむ場合があります(バッテリパックは、コーティングされており、外部にガスが漏れることはありません)。これはリチウムイオンポリマーバッテリの特性で安全上の問題はありません。
(HP カスタマーサポートへようこそ | https://support.hp.com/jp-ja/document/c01783385 )

上記のHPさんの解説が、現在最も有力かつわかりやすいものでしょう。そして、バッテリーの膨張は起こる人と起こらない人がいます。スマートフォンも人間と同じで十人十色。ユーザーの数だけ使われ方があり、それだけ劣化の仕方も変わってきますし、その症状の出方も違います。

バッテリーの寿命は、一般的には約500回の充電であると言われています。時にして約1.5~2年程度と考えていただくとわかりやすいでしょう。寿命があるということは、いつかは症状になって異変が現れるということです。この現れ方の一つに「膨張」があると考えていただければと思います。

膨張したバッテリーの危険性

膨張した状態での使用は危険なのでしょうか?
少し、一緒に考えてみましょう。

上述の引用にあるように、これ自体が大きな危険性を持つかと問えば、答えは8割くらい「NO」です。バッテリーの表面は強いシートで覆われており、他の要素と干渉しないように配慮されています。その表れとして、発生した気体が外へ排出されずにシートの内側に溜まり、風船のような膨張になります。

しかし、近年ではこの見解に異を唱える人がいることも事実です。シートが圧に耐え切れずに何らかの拍子に張り裂けてしまい、内部の気体が電流や熱に反応して爆発してしまう危険も否定できません。実際に、バッテリーの爆発事故は世界各地で様々な機種で起こっています。

したがって、このままでも使えないことはありませんが、あまりオススメはできません。

その他の危険性

バッテリーの膨張は、スマートフォン内部で次に挙げるような二次災害を引き起こす可能性を孕みます。

  • 画面浮き/破損
  • 液晶破損
  • バックパネル浮き/破損
  • フレーム変形
  • その他の不具合

例えば、本件のような「画面浮き」です。画面が浮いているだけなら百歩譲っていいとしても、落下時などの当たり判定が大きくなったり、当たったときに圧力のかかる場所が狭くなるので、ガラス割れの可能性が高まります。Mate 10 Proなどのように背面にもガラスを使用しているような機種には、バックパネルにも同様のことが言えます。

また、画面には表示領域としての液晶がありますが、これが内部で圧力から割れてしまい、画面が正常に映らなくなってしまうことがあります。

そして、スマートフォンには人間でいうところの「骨」にあたるものとして「フレーム」があり、これによって形が保たれていますが、これが圧力に負けて曲がってしまうことがあります。フレームは、そのほとんどが金属製もしくはプラスチックや樹脂製だったり、画面等のガラスが強力に接着されているなどの理由から、形状の矯正に困難を極めます。一度ついてしまった曲がり癖は完全解消できないと考えて良いでしょう。

それ以外にも、内部でケーブルの断線が起きてしまったりすることによる不具合が起こる可能性があります。例えば、本件Mate9の写真のように、バッテリーの上に配線が為されている機種ではこの危険性が高まります。特に、HUAWEI系の機種ではこの構造を採用した機種が多くありますので、これによる問題が起こる可能性は他のシリーズに比べて高いと言えます。これが起こると、「液晶表示異常」「USB給電不良」「マイクが使えない」「スピーカーが鳴らない」などの問題が生じることがあります。

こうした側面から考えると、やはりなるべく早く直したほうがいいように思えますね。

むすびに

如何でしたか?
バッテリーの膨張は見た目以上に対処の必要がある症状です。これを読んで「もしかして、、、」と少しでも感じた方。

あ、目があいましたね。

下記よりお気軽にご相談ください。いつでもお待ちしております。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
では、またお会いしましょう。以上、スマホ修理王でした。

スマホ修理王 イオシス秋葉原店
Galaxy修理王 イオシス秋葉原店〒101-0021 東京都千代田区外神田3-14-8 新末広ビル2F
070-5089-9726
11:00~19:00 年中無休
HUAWEIについてのお問い合わせはこちら

関連記事

  1. Huawei nova lite

    Huawei nova liteの画面割れのお修理を行いました!

  2. HUAWEI MATE7 バッテリー膨張の修理!

  3. とんでもなくバッテリーの膨張したHUAWEI nova

  4. HUAWEI Mate10lite 画面割れ修理をしました!

  5. (.˙∠)折れた【P9 lite】

  6. Huawei nova lite ガラス割れ!!タッチ不良!!対応可能!!

修理の流れ

修理料金

よくあるご質問

機種一覧

修理ブログ

お問い合わせ


HUAWEI修理王は、スマホ修理王のHUAWEI部門です。