家で眠っているガラケー復活させませんか?

ガラケーが発売されておそよ20年余り、近年ではすっかり見かけなくなりスマートフォンへと世代交代をしてきました。

しかし、まだまだ根強い人気があり使用してるユーザーは多くいます。

そして、過去に使用したガラケーを家に何年も放置して、久しぶりに見ようとした時

「電源がつかない。」

となったことはありませか?

その時代に撮った「彼女との思い出」・「友達との思い出」・「子供が小さかった時の写真」

当時交換した旧友との連絡先

全てが見れなくなってしまうのは残念ですよね。

しかし、そのガラケーのデータを諦めてはダメです!

復活させるチャンスはあります。

当店ではスマートフォンの修理技術のノウハウを活かし、起動がしないガラケーを電源が入る状態まで修理します!

起動しないガラケーを復活させるまでの道のり

まずはお預かりした端末の状態を確認させて頂きます。

その状態をチェックし、どのようなお修理になるのかをお客様にご案内させて頂きます。

もちろんその時にお見積りや目安の修理時間も一緒にお伝えさせて頂きます。

お預かり後はすぐにお修理を進めさせて頂きます。

起動できない端末の多くはバッテリーの故障もしくは基板の故障が多く、当店ではバッテリーの交換はもちろんですが基板の修理に力を入れております。

「キャリアやメーカでバッテリーを交換してもらったが起動しない。」

お修理に来て頂いたお客様がよく言われる言葉です。

基板のお修理はキャリアやメーカーで取り扱ってもらえないため、そのまま諦めてしまう方がほとんどなんです。

ガラケー修理王なら基板のお修理も対応可能です。

スマートフォン修理の技術とノウハウを活かしお客様の大切なデータを取り戻すべく尽力をつくします。

データだけ取り出すのは不可能?

ガラケーは基板にメモリチップが直接埋め込まれているためそこからデータを取り出すには端末を起動させないといけません。

PCのようにハードデイスクやSSDを取り出して簡単にデータを抜き出すことは出来ません。

なので、まずは起動させることが絶対条件となります。

起動すれば過去のデータは全て残っているので、取り出すことが可能となります。

その他の修理は可能?

もちろん可能です!

・逆パカ

・水没

・液晶表示不良(画面割れ)

・電源ボタン陥没

などなど、様々な症状に対応が可能です。

どんな症状でも出来る限りの対応をさせて頂きます!

まずはお問い合わせ下さい!

全国6店舗に展開中のガラケー修理王

全店で受付が可能です。

お問い合わせもメールは24時間受付可能です。

まずはお気軽にご相談下さい!

お名前【必須】

お名前(フリガナ)【必須】

都道府県【必須】

メールアドレス【必須】

電話番号【必須】

※ご連絡が取れる電話番号を「半角」でご記入ください。ない場合は、修理端末の電話番号で結構です。

お問い合わせ先店舗【必須】

ご希望の修理形態【必須】
店頭(ご来店)郵送

機種【必須】

端末の色【必須】

症状【必須】
液晶画面割れ起動できない水没その他

故障や破損の状態と、そのようになった経緯など(正確なお見積もりのために、できるだけ詳しくお書きください)

<個人情報の取扱に関する方針>
当サイトを運営する株式会社フラッシュエージェントでは、お客様のプライバシーを尊重し、個人情報に対して十分な配慮を行うと共に、お客様の個人情報を大切に保護し、適正な管理を行うことに努めています。
【個人情報利用目的】
お客様の個人情報は、原則として、当社のサービスに関する情報を提供する目的や当社に対するご意見、ご要望に対する今後の改善、および、お問い合わせに関する回答のために利用致します。
上記以外の目的で利用する場合は、個人情報をご提供いただく際に、予め目的を明示しておりますので、ご確認ください。
【第三者への情報提供】
お客様の個人情報は、以下の場合を除き、第三者に開示、提供、譲渡することは致しません。
・法的拘束力がある第三者機関からの開示要求がある場合
・お客様本人の同意があった場合

 
上記問い合わせ内容および個人情報保護方針に同意し、問い合わせます。(チェックすると送信できるようになります)

NHK番組「ひとモノガタリ」に取り上げられました

2018年9月24日に放送されたドキュメンタリー番組、NHK「ひとモノガタリ」で、スマホ修理王が取り上げられました。

内容は、「長らく使えていなかったガラケーの中に眠るデータを復活させる」というもの。

ひとモノガタリ「ガラケー、よみがえらせてみたら…」
笑いと涙に包まれる、不思議なイベントがある。携帯電話「ガラケー」の復活イベント。実はガラケー、充電しないと起動すらしなくなるのだ。ガラケーに眠る、感動物語に密着
(中略)
・・・またある人は、ガラケーに残されていた「震災の記憶」を取り戻すため奮闘する。誰もが持っていた、ガラケーに眠る感動物語に密着。語り、早見沙織
http://www4.nhk.or.jp/P5035/x/2018-10-14/21/9716/2110232/

”ヒトものがたり”についての記事はコチラから

修理の流れ

修理料金

よくあるご質問

お問い合わせ

会社情報