XPERIA Z4(docomo SO-03g)

XPERIA Z4

このページでは、2015年6月10日にdocomo(ドコモ)から発売された『XPERIA Z4(SO-03g)』についてご案内します。

機種の概要

『Xperia Z4』は、「Sony Xperia Z」シリーズの5代目です。グローバルモデルでは「Xperia Z3+(Plus)」という名称が使用されており、『Z4』の名称は、国内キャリア発売の端末のみです。

ビデオは、4Kでの撮影に対応しています。日本国内のSIMロック解除義務化に伴い、このモデルから日本国内でも各キャリアのWebサイトやショップ店頭などでSIMロックの解除が可能となりました。色は、ホワイト、ブラック、カッパー(銅色)、アクアグリーンの4色で、ディスプレイ面はホワイトとブラックの2種類あります。

XPERIA修理王なら、どのカラーでも修理可能、1時間ほどでお返しすることができます。

防水性能については、SONYのオフィシャルサイトに「水に濡れることを気にせず、安心して使えるXperiaの防水性能。バスルームやキッチンなどの水周りでも音楽や動画を楽しめます」との記載があります。筆者もZ4ユーザーですが、XPERIAの水没修理依頼案件の多さを知っているため、絶対に水のある所では使わないようにしています。(汗)

もちろん、XPERIA修理王では、水没修理も行っています。

修理料金

※料金は、単位:円、税別です。
※結果として修理不可の場合でも、作業料3,000円(税別)がかかります。
修理内容料金
画面修理(ガラス割れのみ)17,000
画面修理(タッチが利かない場合)17,000
バックパネル修理10,000
バッテリー交換10,000
電源ボタン修理13,000
音量ボタン修理13,000
イヤホンジャック修理10,500
カメラ修理11,000
スピーカー修理10,500
マイク修理15,000
USBコネクター修理15,000
SIMスロット修理19,500
水没修理20,000
基板修理20,000

カラーバリエーション

ホワイト、ブラック、カッパー、アクアグリーンの4色。

XPERIA Z4 ホワイト
XPERIA Z4 ブラック
XPERIA Z4 カッパー
XPERIA Z4 アクアグリーン

スペック

本体サイズ
長さ146mm×幅72mm×厚さ6.9mm

重さ
144g

OS
Android 5.0⇒6.0に対応

CPU
2.0GHz/1.5GHz オクタコア

RAM
3GB

ROM
32GB

外部メモリ
microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)

バッテリー容量
2,930mAh(内蔵電池)

ディスプレイ
約5.2インチ トリルミナスディスプレイ for mobile/フルHD:1920×1080

カメラ
メイン:2,070万画素、サブ:510万画素

関連記事

  1. 水没・水濡れ

    水没・水濡れ

  2. XPERIA Z3 Compact

    XPERIA Z3 Compact(docomo SO-02g)

  3. イヤホン関係の故障・破損

    イヤホン関係の故障・破損

  4. 電源が入らない

    電源が入らない

  5. バッテリーの持ちが悪い・減りが早い

    バッテリーの持ちが悪い・減りが早い

  6. XPERIA XZ

    XPERIA XZ(au SOV34)

XPERIA修理王は、スマホ修理王のエクスペリア部門です。

スマホ修理王のトップページへ

NHKの“あの”ドキュメントの舞台になりました。

ドキュメント72時間「渋谷 スマホ修理店」

スマホ修理王は総務省登録修理業者です。