XPERIA Z3(docomo SO-01g)

XPERIA Z3

このページでは、2014年10月23日にdocomo(ドコモ)から発売された『XPERIA Z3(SO-01g)』についてご案内します。

機種の概要

「Xperia Z3」は、「あらゆる瞬間を、美しく。」というキャッチコピーで発売されました。「Xperia Z2(SO-03F)」の後継機種で、NTTドコモ向けの「Sony Xperia Z」シリーズでは、4代目のモデルです。当時、相当売れたのか、いまだに修理依頼の絶えない、ユーザーの多い機種です。

後に続く「Z4」を彷彿とさせる狭額縁のフレームデザインと、全体的に「プラスチック」というよりは「クリスタル」的なイメージになりました。人気の秘密は、従来のシリーズとは異なる「垢抜けた」感にもありそうです。カラーバリエーションもメタリックにしているところがユーザー心理を掴んだようです。

XPERIA修理王なら、どのカラーでも修理可能、1時間ほどでお返しすることができます。

なお、今となっては、SONY定番となった防水性能については、「Z3」では謳われていませんでした。

もちろん、XPERIA修理王では、水没修理も行っています。

修理料金

修理内容料金
画面修理(ガラス割れのみ)17,000
画面修理(タッチが利かない場合)17,000
バックパネル修理10,000
バッテリー交換10,000
電源ボタン修理13,000
音量ボタン修理13,000
イヤホンジャック修理10,000
カメラ修理11,000
スピーカー修理10,000
マイク修理15,000
USBコネクター修理15,000
SIMスロット修理19,500
水没修理20,000
基板修理20,000

カラーバリエーション

ホワイト、ブラック、カッパー、シルバーグリーンの4色。

XPERIA A4 ホワイト
XPERIA A4 グレー
XPERIA A4 ピンク
XPERIA A4 ブルー

スペック

本体サイズ
長さ146㎜×幅72㎜×厚さ7.3㎜

重さ
152g

OS
Android 4.4.4⇒5.0.2⇒6.0.1

CPU
2.5GHzクアッドコア

RAM
3GB

ROM
32GB

外部メモリ
microSD/microSDHC/microSDXC(最大128GB)

バッテリー容量
3,100mAh(内蔵電池)

ディスプレイ
5.2インチトリルミナスディスプレイ for mobile フルHD:1,920×1,080

カメラ
メイン:2,070万画素、サブ:220万画素

関連記事

  1. 液晶の異常

    液晶の異常(筋、にじみ、映らない)

  2. XPERIA X Performance

    XPERIA X Performance(docomo SO-04H)

  3. 電源が入らない

    電源が入らない

  4. XPERIA Z5

    XPERIA Z5(docomo SO-01H)

  5. XPERIA A4

    XPERIA A4(docomo SO-04g)

  6. XPERIA Z3 Compact

    XPERIA Z3 Compact(docomo SO-02g)

XPERIA修理王は、スマホ修理王のエクスペリア部門です。

スマホ修理王のトップページへ

NHKの“あの”ドキュメントの舞台になりました。

ドキュメント72時間「渋谷 スマホ修理店」

スマホ修理王は総務省登録修理業者です。