XPERIA X Performance(docomo SO-04H)

XPERIA X Performance

このページでは、2016年6月24日にdocomo(ドコモ)から発売された『XPERIA X Performance(SO-04H)』についてご案内します。

機種の概要

『XPERIA X Performance』の背面を覆うバックパネルには、Xperiaシリーズではじめてメタルを採用。素材を活かしたカラーリングにより、上品で落ち着いたデザインに仕上げられています。色は4色で、ディスプレイ面も側面や背面と同じカラーになっています。ホワイトとグラファイトブラックには繊細な輝きで高級感のあるヘアライン加工を、ライムゴールドとローズゴールドにはやわらかい輝きで上質感のあるサンドブラスト加工を施してあり、同じメタル素材でも、質感の違う仕上げになっています。

XPERIA修理王なら、どのカラーでも修理可能、1時間ほどでお返しすることができます。

また、「Qnovo社と共同開発した充電の最適化技術を世界ではじめて採用し、バッテリーの長寿命化を実現。2年使っても劣化しにくくなっています」とのことですが、バッテリーに関しては、正直、当たりはずれがあります。完全にへたってしまうと、端末が起動しなくなり、メーカーやキャリアの補償では本体交換になってデータが消えてしまいます。

XPERIA修理王なら、バッテリー交換は、1時間ほどでお返しすることができます。

「バスルームでも使える防水性能。画面に水滴がついたままでも誤動作しづらく、快適に操作が可能。」とのことですが、「XPERIAシリーズの防水性能を信じてお風呂で使っていたら水没した」という笑えない話も実際にはお客様からお聞きしますので、あくまでも生活防水レベルと見ておいた方がいいと思われます。

XPERIA修理王では、水没修理も行っています。

修理料金

※料金は、単位:円、税別です。
※結果として修理不可の場合でも、作業料3,000円(税別)がかかります。
修理内容料金
画面修理(ガラス割れのみ)32,000
画面修理(タッチが利かない場合)32,000
バックパネル修理11,000
バッテリー交換10,000
電源ボタン修理13,000
音量ボタン修理13,000
イヤホンジャック修理13,000
カメラ修理13,000
スピーカー修理13,000
マイク修理13,000
USBコネクター修理15,000
SIMスロット修理19,500
水没修理20,000
基板修理20,000

カラーバリエーション

ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4種類です。

XPERIA X Performance カラーバリエーション

スペック

本体サイズ
長さ144mm×幅71mm×厚さ8.6mm

重さ
165g

OS
Android 6.0

CPU
MSM8996/2.2GHz×2コア+1.6GHz×2コア

RAM
3GB

ROM
32GB

外部メモリ
microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)

バッテリー容量
2570mAh(内蔵電池)

ディスプレイ
約5.0インチ トリルミナスディスプレイ for mobile/LCD(Full HD)

カメラ
メイン:2,300万画素、サブ:1,320万画素

関連記事

  1. XPERIA Z3 Compact

    XPERIA Z3 Compact(docomo SO-02g)

  2. XPERIA XZ

    XPERIA XZ(SoftBank)

  3. ボタンの故障・破損

    ボタンの故障・破損

  4. タッチ操作が利かない

    タッチ操作が利かない

  5. 水没・水濡れ

    水没・水濡れ

  6. Wi-Fiがつながらない

    Wi-Fiがつながらない

XPERIA修理王は、スマホ修理王のエクスペリア部門です。

スマホ修理王のトップページへ

NHKの“あの”ドキュメントの舞台になりました。

ドキュメント72時間「渋谷 スマホ修理店」

スマホ修理王は総務省登録修理業者です。