XPERIA Z

XPERIA Z

XPERIA Z

「Xperia Z(エクスペリア ゼット)」は、ソニーモバイルコミュニケーションズ製のNTTドコモ向けスマートフォン。
「XPERIA GX」と「XPERIA AX」の後継機種で、グローバルモデルである「Xperia Z」の日本ローカライズモデルです。

ドコモの第3.9世代移動通信システム(Xiクロッシィ)と第3世代移動通信システム(FOMAフォーマ)とのデュアルモード端末で、NTTドコモ向けXperiaシリーズのフラッグシップモデルです。
「docomo NEXT series」のひとつ。

Wikipediaに「SONYは、Xperia Z(SO-02E)をSony Xperia Z シリーズの『序章』として位置づけている。」との記述がありましたが、ご存知の通り、この後、シリーズはZ5まで続きました。

スマホ修理王なら、「Xperia Z」の画面修理、バッテリー交換、水没修理など、すべての症状に対応しています。
もちろん、データや設定は元のまま。
まずはお気軽にご相談ください。

キャリアとモデル番号

「Xperia Z」は、2013年2月にNTTドコモから発売されました。

  • au:なし
  • docomo:SO-02E
  • SoftBank:なし

修理料金

症状 料金(単位:円、税別)
画面(ガラス)修理 19,000
画面(液晶)修理(タッチが利かない場合) 19,000
バックパネル修理 9,000
バッテリー交換 10,000
電源ボタン修理 13,000
USBコネクター修理 15,000
その他の修理 9,000
水没修理 20,000

※分解・修理を行っても直らない「修理不可」の場合もあります。その場合でも、分解作業料として3,000円(税別)がかかります。

カラーバリエーション

ホワイト、ブラック、パープルの4色。
スマホ修理王なら、画面側もバックパネルも、どの色でも修理は可能です。
(念のため、修理ご希望先の店舗にパーツの在庫状況をご確認ください)

XPERIA Z ホワイト

XPERIA Z ブラック

XPERIA Z パープル

スペック

本体サイズ 長さ139mm×幅71mm×厚さ7.9mm
重さ 146g
OS Google Android™ 4.2.2⇒4.4
CPU 1.5GHzクアッドコア
RAM 2GB
ROM 16GB
外部メモリ microSD(最大2GB)、microSDHC(最大32GB)、microSDXC(最大64GB)
バッテリー容量 2,330mAh(内蔵電池)
ディスプレイ 約5.0インチ フルHD Reality Display フルHD:1,920×1,080
カメラ メイン:1,300万画素、サブ:200万画素

”あの”人気ドキュメント番組の舞台となりました。

NHK ドキュメント72「渋谷 スマホ修理」
渋谷神南本店が、2017年9月20日に放映されたNHKの「ドキュメント72『渋谷 スマホ修理』」の舞台となりました。